スポーツ

箱根駅伝2019/見逃し配信青山学院大学/駒澤大学/ライブ中継は

箱根駅伝2019/見逃し配信青山学院大学/駒澤大学

2019年1月2日7時50分から日本テレビで『第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)』が放送されます

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

箱根駅伝2019/見逃し配信青山学院大学/駒澤大学

箱根駅伝2019/見逃し配信青山学院大学/駒澤大学番組内容

第95回箱根駅伝。今回は記念大会として23チームが出場。「箱根から世界へ」の旗印の下、学生ランナーたちが紡ぎ続けてきた継走は、今回も新春の箱根路を鮮やかに染めます。 最大の注目は青山学院の箱根5連覇なるか。史上初の2度目の学生駅伝三冠もかかる今大会、圧倒的な選手層を武器に快挙を目指します。迎え撃つのは前回総合2位の東洋大か、悲願の初V狙う東海大か、予選会からの下剋上を期す駒澤大か。往路完全生中継!

箱根駅伝 キャスト

放送センター解説

瀬古利彦(早稲田大OB/DeNAランニングクラブ総監督)

1号車解説

渡辺康幸(早稲田大OB/住友電工陸上競技部監督)

ゲスト解説

鈴木健吾(神奈川大OB/富士通陸上競技部)

ゲスト解説

田村和希(青山学院大OB/住友電工陸上競技部)

実況

平川健太郎 ほか

応援メッセージ

 
駒澤大学を応援しています。

昨年からかつてのマラソン日本記録保持者の藤田敦史をヘッドコーチに迎え、長距離の能力が格段に上がりました。

今回はチャンスだと思います。

前回はユニバーシアード金メダリストの工藤が体調不良で12位に沈み、今年の出雲駅伝の出場資格を失い、箱根駅伝も予選会からの出場となりました。

ただ、その予選会も今回からハーフマラソンの距離に伸びたのにもかかわらず、上位10人(つまり箱根全10区間と同じ)の一人平均の記録が1時間2分台と今後10年は破られないような記録で圧勝して、期待が膨らみます。

全日本学生駅伝では4位でしたが、箱根とは距離が違うので、あまり参考にはならないでしょう。

ちなみに駒澤大学のハーフマラソンでのチーム上位10人の平均記録は、東海大学に続く2位の記録を持っています(青山学院より速いです)。

またよく比較される10kmの同じく平均タイムも3位と好調です。

下馬評では、青山学院・東海大学・東洋大学が3強と呼ばれていますが、紫のタスキが11年ぶりに先頭で白いゴールテープを切る瞬間が見られるものと期待しています。

昨年の経験者7人をそろえたうえ、その7人もうかうかできないほどの新戦力が台頭し、課題だった層の薄さも克服しました。

あとはどの大学もそうですが、5区・6区の山登り・山下りが勝敗の決め手となるでしょう。

もし駒澤大学が優勝すれば永い箱根駅伝史上でも、予選勝ち上がりでの3校目の快挙となります。
 

まとめ

 
2019年の箱根駅伝の展開予想ですが優勝候補はやはり青山学院大学が筆頭だと思われます。

詳しい方ならBSでの特集や11月に行われた全日本大学駅伝も見られたかと思いますが、選手層の厚さが他の大学とは段違いです。

大きなアクシデントがなければ、5連覇はほぼ確実でしょう。

とだけで締めくくっても面白くないので対抗馬としてあげるとしたら、東洋大学と東海大学になるかと思われます。

東洋大学はここ10年ほど3位以内が続いていて好成績が続いてます。

選手層も青山学院ほどではないですが分厚く、対抗馬筆頭と言えるでしょう。

東海大学も近年は上位に食い込んできていて11月に行われた全日本大学駅伝では2位に入っており、展開次第では優勝も狙える位置にいるでしょう。

この3校の優勝争いに注目です。また面白い点、と言えるのは箱根駅伝ならではのルール「繰り上げスタート」です。

周辺の道路事情の関係上、1位が通過してから一定の時間が過ぎてもたすきがつなげられないチームは、代わりのたすきでスタートするというルールがあります。

放送を見ている方なら分かるかもしれませんが、毎年つなげるかつなげないかでハラハラする展開(特に3日)があります。

実況やそのときの解説、たすきがなぜそのような展開を生むのかも放送の中で説明してくれますので、「なんでたすきなの?」と思った方はそこに注目して見てみるのも面白いと思います。