スポーツ

箱根駅伝2019/見逃した配信中継ライブ中央大学

箱根駅伝

2019年1月2日7時50分から日本テレビで『第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)』が放送されます

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

箱根駅伝 動画配信

箱根駅伝/番組内容

第95回箱根駅伝。今回は記念大会として23チームが出場。「箱根から世界へ」の旗印の下、学生ランナーたちが紡ぎ続けてきた継走は、今回も新春の箱根路を鮮やかに染めます。 最大の注目は青山学院の箱根5連覇なるか。史上初の2度目の学生駅伝三冠もかかる今大会、圧倒的な選手層を武器に快挙を目指します。迎え撃つのは前回総合2位の東洋大か、悲願の初V狙う東海大か、予選会からの下剋上を期す駒澤大か。往路完全生中継!

箱根駅伝 キャスト

放送センター解説

瀬古利彦(早稲田大OB/DeNAランニングクラブ総監督)

1号車解説

渡辺康幸(早稲田大OB/住友電工陸上競技部監督)

ゲスト解説

鈴木健吾(神奈川大OB/富士通陸上競技部)

ゲスト解説

田村和希(青山学院大OB/住友電工陸上競技部)

実況

平川健太郎 ほか

応援メッセージ

 
中央学院大学の駅伝部を応援しています。

中学生のころに我孫子市に引っ越しをして今も実家は我孫子です。

高校生のころにTOEICの受験会場だったので中央学院大学へ訪れたこともありました。

自身は卒業生でもなんでもありませんが、地元なので応援しています。

JR我孫子駅では、毎年お正月前には「中央学院大学箱根駅伝出場」の垂れ幕がかかり、お正月後には「応援ありがとうございました」の垂れ幕へ変わります。

駅前のイトーヨーカ堂にも「中央学院大学箱根駅伝出場」の垂れ幕がかかります。

地元は総出で応援していると思います。

また手賀沼という自然公園のまわりでは駅伝の練習をしているところをよく見かけますので、とにかく我孫子市民にとって中央学院大学の箱根駅伝出場は毎年の楽しみの一つとなっています。

また強豪校ともいいきれない成績で、上位に顔を出すこともあるのですが、気がつくとあれよあれよというまに順位が下がり、毎年毎年シード権がとれるかとれないかの瀬戸際を争う姿にも胸が熱くなります。

強すぎない、反骨精神も市民がつい応援したくなってしまう所以かもしれません。

もちろん今年も二日間、熱い走りを期待しています。優勝に向けてがんばってください。
 

まとめ

 
毎年、これを視るためにお正月休みを取るぐらい大好きです。

私が応援するのは、東洋。

山の神、柏原が新星の如く現れて、もりたててくれたあの時から、応援したくなりました。

箱根駅伝の楽しみなところは、スタート地点はさほど差が無いものの、走距離が長くなる第2区、心臓破りの坂、権太坂の鶴見~戸塚、ここ辺りからバラつきが始まります。

続いて、戸塚から平塚までの3区は、富士山見据え景勝地の相模原は真っ向からの強風。今年は、例年よりも風がかなり強いとのこと。

ここらが、前半往路の見所かもしれません。

ここで、かなりの順位の変動になるのか、チェックするのが、よろしいでしょう。

私が好きなのは、各校が襷を繋げる各中継所です。

特に好きなのは、箱根路の玄関、小田原中継所です。

名店、鈴廣のあの店舗前の敷地を借りての、襷を繋げるあの景色が大好き。

小田原中継所から最終芦ノ湖までの長いルートを見るのもいいですが、国道1号線を走る彼らを待ち構える箱根の景色は最高です。

また沿道に各校ののぼり旗、応援する人たち、観光でごった返すあの道の随所も一緒に堪能できてお得です。

しかし、箱根駅伝の本当の見せ場は、往路ではなく、復路にあります。

前日の往路の順位でスタート時間が決まり、そのタイム差で繰り上げ発走などが起こるからです。

各校はトップとの差を縮めながらも、次の年の出場シード権を獲るために走るからです。

メイクドラマもしばしば起こるのも復路です。

箱根路を下り、小田原中継所、小田原から平塚、平塚から戸塚、戸塚から鶴見。

鶴見で大体の順位が決まってきます。最初はトップを走っていた学校も代わる代わる変わります。

箱根駅伝で切ないのは、繰り上げ発走です。中継所で待つ仲間に、襷を繋げられずにタイム差で繰り上げスタートしなくてはならないあのシーンです。

なので、青学のように、往路復路総合優勝するには、大変な努力と緻密な時間との戦い、チームワークが要となります。

東洋は、山の神が抜けてから、優勝から遠退きはじめていますが、また頑張ってほしいです。

青学の連覇をどの学校が阻止するのか、楽しみです。

今年は、仕事の為、往路ぎりぎりまで堪能して、翌日の復路を充分楽しみたいです。