スポーツ

箱根駅伝2019/無料フルライブ中継東海大学

箱根駅伝2019/無料フルライブ中継東海大学

2019年1月2日7時50分から日本テレビで『第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)』が放送されます

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

箱根駅伝2019/無料フルライブ中継

箱根駅伝2019/無料フルライブ中継番組内容

第95回箱根駅伝。今回は記念大会として23チームが出場。「箱根から世界へ」の旗印の下、学生ランナーたちが紡ぎ続けてきた継走は、今回も新春の箱根路を鮮やかに染めます。 最大の注目は青山学院の箱根5連覇なるか。史上初の2度目の学生駅伝三冠もかかる今大会、圧倒的な選手層を武器に快挙を目指します。迎え撃つのは前回総合2位の東洋大か、悲願の初V狙う東海大か、予選会からの下剋上を期す駒澤大か。往路完全生中継!

箱根駅伝 キャスト

放送センター解説

瀬古利彦(早稲田大OB/DeNAランニングクラブ総監督)

1号車解説

渡辺康幸(早稲田大OB/住友電工陸上競技部監督)

ゲスト解説

鈴木健吾(神奈川大OB/富士通陸上競技部)

ゲスト解説

田村和希(青山学院大OB/住友電工陸上競技部)

実況

平川健太郎 ほか

応援メッセージ

 
万年優勝候補と言われながらも、まだ優勝したことがないのが東海大学です。

2004年度の2位が歴代最高記録となっております。

高校時代に活躍したエース級を次々と獲得しているにもかかわらず、箱根駅伝になるといまいち実力を発揮しているとはいいがたく、歯がゆいレースが続いております。

鬼塚、關、國行、川端、湊谷、松尾、三上選手と10000メートルでは28分台で走ることができる選手がそろっております。

阪口、飯澤、郡司選手は5000メートルを13分台で走ることができます。

今大会の出場チーム中、5000メートル、10000メートル、ハーフマラソンの自己ベスト記録の平均タイムはどれも1位となっております。

トラックでは強いのに、箱根駅伝ではまだ優勝がないというのが不思議なところです。

急勾配の山の上り下り、など特殊性を持つ箱根駅伝では、その特性に合わせた選手がいないと勝ちきれないということでしょうか。

選手層がそろっているので、そろそろ青山学院大学の連覇をストップしたいところでしょう。

個々の実力を発揮し、初優勝を果たしてもらいたいものです。

今シーズンの出雲駅伝や全日本駅伝でもけっこういい位置につけていましたので、箱根駅伝でも期待したいものです。
 

まとめ

 
日常生活を共に寮で送る青山学院の原監督と選手たちが、5連覇を果たすのかが注目であることは言うまでもないものの、どのチームが阻止するかも楽しみです。

駅伝はチームでタスキを繋げる必要があるため、チームプレーのように言われますが、個の走力がなければチームとしての存在価値はなく、いかに日常生活と練習によって個人を鍛えるかにかかっていて、そのために青学の寮生活で監督と監督の奥さんが普通の家庭での父親と母親の役割を果たしていることは有名となっています。

青学の連覇を止める存在に東海大学が浮上していますが、ほとんどの区間タイムが東海大の選手の方が早いのに予選では敗退しており、何故勝てないのか不思議です。

箱根の山越えや市街地のフラットな多様なコースレイアウトで、いかにして個人の持つタイムを有効活用したレース展開で、青学の牙城を崩して欲しいというのも多少の願望があります。

その一方、チームの中に飛び抜けたエースがいない青山学院の選手が、トップになるべく離れない位置をキープしながら襷をつなげてゴール直前でもトップを奪取するというレース展開が期待されます。

何れにせよ、選手の能力を最大活用する各大学の監督の戦略を楽しみにしてみたいと思います。