スポーツ

箱根駅伝2019見逃した配信早稲田大学ライブ中継は

箱根駅伝2019見逃した配信早稲田大学ライブ中継は

2019年1月2日7時50分から日本テレビで『第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)』が放送されます

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

箱根駅伝2019見逃した配信

箱根駅伝2019見逃した配信/番組内容

第95回箱根駅伝。今回は記念大会として23チームが出場。「箱根から世界へ」の旗印の下、学生ランナーたちが紡ぎ続けてきた継走は、今回も新春の箱根路を鮮やかに染めます。 最大の注目は青山学院の箱根5連覇なるか。史上初の2度目の学生駅伝三冠もかかる今大会、圧倒的な選手層を武器に快挙を目指します。迎え撃つのは前回総合2位の東洋大か、悲願の初V狙う東海大か、予選会からの下剋上を期す駒澤大か。往路完全生中継!

箱根駅伝 キャスト

放送センター解説

瀬古利彦(早稲田大OB/DeNAランニングクラブ総監督)

1号車解説

渡辺康幸(早稲田大OB/住友電工陸上競技部監督)

ゲスト解説

鈴木健吾(神奈川大OB/富士通陸上競技部)

ゲスト解説

田村和希(青山学院大OB/住友電工陸上競技部)

実況

平川健太郎 ほか

応援メッセージ

20年来、応援して大学があります。

それは、「早稲田大学」です。今は監督は変わられましたが、前監督の渡辺康之監督が早稲田大学の長距離部員だった時からのファンです。

渡辺(当時)選手とは年も近くて、憧れの選手でした。

私は九州に住んでいますが、一度、早稲田大学の選手が九州地方で合宿をされた時がありました。

その時、私は短大を卒業したばかりで、土日を利用して友人と合宿所を調べて、見学に行ったことがありました。

その合宿所がどこだったのかは、もう覚えていませんが。

若いという事は、素晴らしいと今でも思います。

箱根駅伝は、とても見ごたえのあるレースです。

一つの襷を往路・復路10人でつなぐ、誰もが参加できるものではありません。

特に今は早稲田大学の渡辺康之さんがランナーとして、優勝に一番近いと言われていた当時とは、出場校も優勝候補校も半分近く変わった近年ですが、やはり、若くて元気だった頃の自分が思い出される、早稲田大学には、特に親しみを感じます。

その早稲田大学も優勝からは、近年遠ざかっていますが、2018年は3位だったと思います。

2019年もまた、上位を脅かすレース展開をして欲しいです。

多分、自分の母校よりもあの「えんじ」のユニフォームには、愛着があります。

来年の1月2.3日には、予定は入れずに、一家総出でテレビ前集合になることでしょう。

私からは「頑張れ!早大!」の応援のみです。

まとめ

箱根駅伝ではシード争いが熾烈で非常に楽しみです。

今回の箱根駅伝のシード争いにおいて、期待する大学の一つとして中央学院大学をあげたいと思います。

前回大会は11位順天堂大学と14秒差で競り勝ち10位に滑り込みを果たしたしぶとさと粘りを見せている大学です。

今回の箱根駅伝では出雲駅伝や全日本大学駅伝において故障者が多く本来の力を発揮できていないこともあり、そこまで注目はされていませんがこれまで4年連続シード校であるとともに連続出場は17年と東洋大学と同じで大学では5番目となっている伝統校です。

伝統校の他の大学とは異なり、高校から無名で入った選手も多くたたき上げの選手が多いのも特徴であります。

そんな中央学院大学がシードに入っていくためには、絶対的なエースがいないため、出遅れないことやそれぞれの区間で堅実に走ることがポイントになってくるのではないかと思います。

そして、山区間でどんな走りができるかだと思います。

前回大会においても平地区間で苦戦をしたのを山区間で挽回と貯金を作ったのがシード入りした要因にもなっているので、どんな走りができるかが面白いのではないかと思います。

中央学院大学の他にもシード権獲得のために区間オーダーや戦略を練ってのぞんでくるのでやってみないわからないのが箱根駅伝でとても面白いかと思います。