未分類

箱根駅伝/hulu/2019

箱根駅伝/hulu/2019

2019年1月2日7時50分から日本テレビで『第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)』が放送されます

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

箱根駅伝

箱根駅伝/番組内容

第95回箱根駅伝。今回は記念大会として23チームが出場。「箱根から世界へ」の旗印の下、学生ランナーたちが紡ぎ続けてきた継走は、今回も新春の箱根路を鮮やかに染めます。 最大の注目は青山学院の箱根5連覇なるか。史上初の2度目の学生駅伝三冠もかかる今大会、圧倒的な選手層を武器に快挙を目指します。迎え撃つのは前回総合2位の東洋大か、悲願の初V狙う東海大か、予選会からの下剋上を期す駒澤大か。往路完全生中継!

箱根駅伝 キャスト

放送センター解説

瀬古利彦(早稲田大OB/DeNAランニングクラブ総監督)

1号車解説

渡辺康幸(早稲田大OB/住友電工陸上競技部監督)

ゲスト解説

鈴木健吾(神奈川大OB/富士通陸上競技部)

ゲスト解説

田村和希(青山学院大OB/住友電工陸上競技部)

実況

平川健太郎 ほか

応援メッセージ

 

 

まとめ

 
箱根駅伝

2019年1月2日7時50分から日本テレビで『第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)』が放送されます

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

箱根駅伝 動画配信

箱根駅伝/番組内容

第95回箱根駅伝。今回は記念大会として23チームが出場。「箱根から世界へ」の旗印の下、学生ランナーたちが紡ぎ続けてきた継走は、今回も新春の箱根路を鮮やかに染めます。 最大の注目は青山学院の箱根5連覇なるか。史上初の2度目の学生駅伝三冠もかかる今大会、圧倒的な選手層を武器に快挙を目指します。迎え撃つのは前回総合2位の東洋大か、悲願の初V狙う東海大か、予選会からの下剋上を期す駒澤大か。往路完全生中継!

箱根駅伝 キャスト

放送センター解説

瀬古利彦(早稲田大OB/DeNAランニングクラブ総監督)

1号車解説

渡辺康幸(早稲田大OB/住友電工陸上競技部監督)

ゲスト解説

鈴木健吾(神奈川大OB/富士通陸上競技部)

ゲスト解説

田村和希(青山学院大OB/住友電工陸上競技部)

実況

平川健太郎 ほか

応援メッセージ

 
新年が近づくと毎年楽しみにしている事があります。

家族や親類が一年に一度盛大に集まり新年の挨拶をかわし、近郊報告を交わしながら時間が過ぎていく。

そんな中で、テレビの画面には箱根駅伝の中継画面が常に映っています。

私の出身は山梨県。応援するのもちろん、地元の大学、『山梨学院大学』です。

小さい頃から当たり前の様に見ていた箱根駅伝が、今ではなくてはならない一つになりました。

家族と談笑しながら、成人以降は酒を交わしながら、出場選手の応援をしています。

最近ではサポーターとしての裏方側の動きや表情にも感動してくる、涙腺が弱くなったと感じます。

一生懸命な姿はまぶしく、とても新年から自分も仕事頑張るぞという意気込みになる、貴重なひと時です。

最近では、甥や姪も大きくなり一緒に遊ぶ事が出来る様になり、一緒に観られる時は箱根駅伝を見ています。

本人達は覚えていなくても、記憶の奥に気持ちを包み込んで体で感じていてほしい、大人達はちゃんと子供たちの成長を、見ているよと、両親や祖父母たちが自分たちにしてくれていた事を、今度は次の世代にも繋いで行くことができるのが幸せな空間となります。

箱根駅伝はいろんな事を教えてくれる、人生の癒し場です。

今年も家族たちと集まって応援します。

けがのないよう、後悔ないよう、努めてください。
 

まとめ

 
やはり大本命は、青山学院大学だと思います。

下馬評では現在優勝候補として、青山学院大学、東海大学、東洋大学と言われています。

この予想は、箱根駅伝の前に行われている出雲や全日本選抜駅伝の結果によってどの大学に力があるかを占っています。

出雲、全日本、箱根は日本の大学三大駅伝と言われています。

しかし、箱根駅伝はこの出雲と全日本とは決定的に違うところがあります。

それは、各区間の距離と区間です。

出雲や全日本は長くて10kmで区間は6区から7区となっています。

一方で、箱根は平気距離が20kmで10区となっており同じ駅伝といえど完全に違う競技だと言っても良いと思います。

出雲や全日本は、トラックレースの10000mが早い方が良いのですが、箱根はハーフマラソンの記録が良い選手が多い大学が勝つ可能性が高いです。

よって、箱根駅伝のみ他のレースとは種目違うということが言えるのではないでしょうか。

こうした状況を比べると、たしかに下馬評で高い東海大学はスピードのある選手は確かに多いですが平気的に早い拓殖大学や神奈川大学なども可能性があり、出雲や全日本とは違う予想ができますがやはりハーフマラソンの平均記録が速い青山学院が有利だと思います。

そして、レース展開としては4区以降に青山学院がトップになり、あとは独走でレースを進める形になると思います。