スポーツ

箱根駅伝見逃し配信2019往路復路ライブ 東洋大学

箱根駅伝

2019年1月2日7時50分から日本テレビで『第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)』が放送されます

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

箱根駅伝 動画配信

箱根駅伝/番組内容

第95回箱根駅伝。今回は記念大会として23チームが出場。「箱根から世界へ」の旗印の下、学生ランナーたちが紡ぎ続けてきた継走は、今回も新春の箱根路を鮮やかに染めます。 最大の注目は青山学院の箱根5連覇なるか。史上初の2度目の学生駅伝三冠もかかる今大会、圧倒的な選手層を武器に快挙を目指します。迎え撃つのは前回総合2位の東洋大か、悲願の初V狙う東海大か、予選会からの下剋上を期す駒澤大か。往路完全生中継!

箱根駅伝 キャスト

放送センター解説

瀬古利彦(早稲田大OB/DeNAランニングクラブ総監督)

1号車解説

渡辺康幸(早稲田大OB/住友電工陸上競技部監督)

ゲスト解説

鈴木健吾(神奈川大OB/富士通陸上競技部)

ゲスト解説

田村和希(青山学院大OB/住友電工陸上競技部)

実況

平川健太郎 ほか

応援メッセージ

 
2009年度に突如として現れてその後、強豪チームとなった東洋大学です。

ここ9年間は連続して3位以内に入るという快挙を成し遂げました。

昨年は往路優勝をしたので今年はさらなる飛躍が期待されております。

そろそろ青山学院大学の連覇を止めたいところでしょう。

連覇を止める第1候補が東洋大学ではないかと思われます。

相澤、山本、渡辺選手は10000メートルを28分台で走ることができます。

西山、吉川選手という1年生も10000メートルで28分台をたたき出しているので妥当青山学院大学に向けて相当期待されているといっても過言ではありません。

5年ぶりの優勝を成し遂げるためには、残りのメンバーの穴をなくすことが重要となることでしょう。

特に青山学院大は復路までメンバーがそろっていますので、昨年同様、往路でリードした展開へと持ち込み、復路でもそのリードのまま、アンカーまでタスキをつなぎたいところでしょう。

昨年は6区でトップを奪われると、その後逆転することが1度もありませんでした。

今年は、先行逃げ切りでそのまま優勝する展開へと持ち込むために、最後のひと踏ん張りを期待したいところです。

青山学院大に箱根駅伝の優勝回数も並ばれましたので、意地を期待したいです。
 

まとめ

 
区間エントリーが発表されて、優勝に近いのは東洋大学とみた。

青山学院大学と東海大学はケガ人がいることで、満足した区間配置になっていない。

もちろんオーダー変更は可能で、山上り山下りに自信のある青山学院としては、多少ケガ人がいても優勝出来るとは思うが、エースの森田選手が補欠にいるのは、おそらくケガで練習が積めてないのだろう。

エースが走れないのはチームとしても大きい。

東海大学もエース級の關選手があまり調子が上向いてないので、走るとしても好走は見込めなさそうだ。

それに反して東洋大学は全日本大学駅伝から、各選手が調子を上げてきている。

エースの山本選手、相澤選手がケガなく練習出来ているので、箱根駅伝でも堅実に走りそうだ。

そして何よりも前回一区で区間賞を獲得した西山選手がここにきて不調から脱出している。

たしかに、出雲と全日本では不甲斐ない走りが続いていたが、先日の記録会でも好走しており、今回も一区に配置されている。

スタートでつまづけない重要な区間に置けるのは自信の表れだろう。

山上りと山下りでも昨年走った選手が走る予定で、更に吉川選手も長距離に強いので、穴がなくしっかり走れるということで、東洋大学を優勝校に推したい。