スポーツ

箱根駅伝見逃し配信無料リアルタイム神奈川大学

箱根駅伝

2019年1月2日7時50分から日本テレビで『第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)』が放送されます

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

箱根駅伝 動画配信

箱根駅伝/番組内容

第95回箱根駅伝。今回は記念大会として23チームが出場。「箱根から世界へ」の旗印の下、学生ランナーたちが紡ぎ続けてきた継走は、今回も新春の箱根路を鮮やかに染めます。 最大の注目は青山学院の箱根5連覇なるか。史上初の2度目の学生駅伝三冠もかかる今大会、圧倒的な選手層を武器に快挙を目指します。迎え撃つのは前回総合2位の東洋大か、悲願の初V狙う東海大か、予選会からの下剋上を期す駒澤大か。往路完全生中継!

箱根駅伝 キャスト

放送センター解説

瀬古利彦(早稲田大OB/DeNAランニングクラブ総監督)

1号車解説

渡辺康幸(早稲田大OB/住友電工陸上競技部監督)

ゲスト解説

鈴木健吾(神奈川大OB/富士通陸上競技部)

ゲスト解説

田村和希(青山学院大OB/住友電工陸上競技部)

実況

平川健太郎 ほか

応援メッセージ

 
神奈川大学特に所縁はないのですが、大学の近くに住んで居た事からずっと応援しています。

最初に見始めた頃はとても強く常に先頭争いをしていたのを覚えています。

総合1位になった年もしっかり見ていました!

最近はシード圏内に入れず予選会からのスタートとなってしまい、とても残念です。

ですが、私個人的には予選会を見るのも楽しいので、そこに応援している神奈川大学もいると、それはそれで嬉しい気持ちにもなり、10人が帰って来るのを今か今かと待ち望んでしまいます。

今回の予選会はいつもより距離が伸びたようなので、どのような影響が選手達に出るのかな、と思いながら見ていましたが、全員が臆する事なく走りきりとてもいい走りをみる事ができました。

また、結果発表の際、第3位で神奈川大学の名前が呼ばれると、選手、サポートチームや先生方全員の笑顔と応援側からの大きな拍手が聞こえ、私もとても嬉しくなりました。

神奈川大学の箱根駅伝の歴史はとても古く、私の知り得ない情報も多いのですが、現在の選手達を2019年の箱根駅伝も変わらず応援したいと思います。

また、箱根駅伝全体の雰囲気も大好きなので、今回もどんな苦難と感動が起こるのかとても楽しみにしています。

お正月の風物詩として、これからも箱根駅伝が盛り上がってくれることを願っています。
 

まとめ

 
今年の箱根駅伝の注目は、東海大学、青山学院大学、東洋大学、早稲田大学、駒澤大学、順天堂大学など、これまで箱根駅伝の強豪校だった大学が軒並み出場することです。

前評判では、東海大学、東洋大学、青山学院大学が優勝候補として挙げられていますが、出雲駅伝と箱根駅伝とではコースも天候も大きく異なるためほぼ毎年優勝候補の脱落者が出るなど、優勝候補の想定が難しい傾向にあります。

これまで山梨学院大学は、アフリカからの留学生を主に往路に起用するなど序盤にリードをして逃げ切ると言った先方が主流でしたが、今大会は留学生が補欠となっており、全区間で日本人が走ると言った珍しい人名で望むことになりそうです。

往路のポイントは、これまでは華の二句と呼ばれた区間にエース級の選手を投入していましたが、10年ほど前に東海大学の佐藤選手をゆっくり起用したように、レース序盤からエース級の人材を投入してリードを広げ箱根の山に繋げると言った序盤からの逃げ切りタイプで勝負をしかけてくる学校もあります。

一方最終区にエース級の人材を投入する大学がありますが、主に山登りを得意とする選手を起用します。

1区から4区までのレースはスピード重視、国の山登りは馬力が必要とされます。

過去には山梨学院のデビットカリウキが往路最終区で走りましたが、膝の怪我もあり本来のスピードを出せず散々なレース展開で終わりました。

元々彼は、スピードタイプの選手でありましたのでこの配置は失敗だったと思います。

箱根駅伝は、往路、復路と順位がありますが、最大のハイライトは1月2日に行われる往路のレースです。

この往路で2分以上の差をつけてゴールをすれば、ほとんどのレースで大手町に1位でゴールする可能性が高いです。

また、芦ノ湖に2分以上の差をつけてゴールをしたとしても、六区で2位に追い抜かれる場合、そのチームが再度逆転をして1位でゴールをする可能性は極めて低いです。

往路では様々なチームで怪我によるリタイアが多いですが、復路はそのような事故はほとんどありません。

白熱の往路、堅実な復路。

各大学の先週配置に注目をして、箱根駅伝を観戦しましょう。