2019年

家康江戸を建てる/見逃した!ドラマnhk/2019年1月2日のあらすじなど

家康江戸を建てる/見逃した!ドラマnhk/2019年1月2日のあらすじなど

2019年1月2日21時からNHK総合で『正月時代劇 家康、江戸を建てる』が放送されます

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

家康江戸を建てる/見逃した

家康、江戸を建てる/番組内容

見渡す限りの湿地が広がる寒村の江戸を、日本一の大都市にするという、途方もない夢を抱いた徳川家康と、その夢に人生を掛けた名もない男たちの「江戸作り」の物語。大久保藤五郎(佐々木蔵之介)は、徳川家康(市村正親)のために長年、菓子を作る男。ある日、藤五郎は家康に、江戸の民のために市中までの上水工事を命じられる。名主・六次郎(生瀬勝久)や技術者・清兵衛(千葉雄大)も加わり、壮大なプロジェクトが始まる。

家康、江戸を建てる キャスト

出演

佐々木蔵之介,生瀬勝久,優香,千葉雄大,マギー,藤野涼子,高嶋政伸,勝野洋,上杉祥三,今井朋彦,松重豊,市村正親,

語り

石坂浩二

家康江戸を建てる/見逃したストーリー性

 
このドラマは、歴史に名を残すことはなかったけれど江戸を作った男たちの物語。

そんな人達が必死に人生ををかけてやり遂げてきたからこそ、今があるんですね。

どんな思いがあったのか、現実にいたであろう人々のことを考えると不思議な気持ちになります。家康は大きな夢を持つ人物だったんですね。

市村正親さんの家康は豪快でざっくばらんな親しみがあるイメージ。

藤五郎はまったく畑違いの仕事を任されてさぞ当惑したでしょう。

家康はなぜ藤五郎を選んだのか?藤五郎はいったいどうやって家康の夢をかなえるのでしょうか。

並大抵の苦労じゃないですよね。

果たして成功するのかそれとも。

佐々木蔵之介さんがどんな藤五郎になるのか楽しみです。

家康と秀吉の争いも白熱しそうですね。

結果はどうなるのか、ふたりが協力関係になれればいいのに。

金貨の小判作りを庄三郎が担いますが、材料はどうやって調達するんだろう。

それに作るのもこれまた大変そうですね。

すべて人の手によるものですから時間もかなりかかりますよね。

昔から、そんなすばらしい腕の職人さんがいたんだと思いをはせるのも面白いです。

様々な男たちの活躍でどんな江戸になっていくのか。

またそんな男たちを支える女性たちも描かれることを期待しています。
 

まとめ

 
まるで普通の一戸建てを立てるかのように明記されている「江戸を立てる」という言葉がコミカルで面白いと思いました。

誰もが知ってる戦国時代からの歴史上の人物、織田信長や豊臣秀吉・そして徳川家康を主人公にしたドラマは多々ありますが、何やら毛色が違いそう。

前編の下水づくりや後編の貨幣づくりなど今となっては当たり前のように使用しているものばかりですが、一から制度を作り上げるというのは想像もできないような大変な作業であったろうと想像に難くないです。。

フィクションでしょうからどこまでほんとかはわかりませんが、それでも確かにその時代の人々の力があって様々な制度が作り上げられてきた先に今という世があるのだなとあらためておもわされました。

私の中で徳川家康は、穏やかな人物像でいて、遠く先の世を見据えた知恵のある切れ者というイメージがありますが、市村正親さんがどのような家康を演じるのか楽しみです。

また、脚本が「半沢直樹」や「陸王」を手掛けられた八津弘幸さんということは熱い男たちの物語となることは間違いなしですね!

作りあげられていく「江戸」の情景もきっと迫力満点に再現されているはずと期待してお正月を待ちたいです!