2019年

下町ロケット/正月特番/動画/1月2日TBSドラマ

下町ロケット/正月特番/動画/1月2日TBSドラマ

1月2日21時からTBSで『新春ドラマ特別編「下町ロケット」お正月も大逆転!…トラクター戦争の結末は?』が放送されます

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

下町ロケット/正月特番/動画

下町ロケット/正月特番/動画番組内容

ようやく佃製作所と帝国重工の無人トラクターが完成!しかし絶好調の「ダーウィン」に対して売り上げは不調。形勢逆転を狙う帝国重工の的場(神田正輝)は、ダーウィンに力を貸している取引先の下請け企業に圧力をかけ始める!窮地に立たされた重田(古舘伊知郎)と伊丹(尾上菊之助)は思わぬ一手を放ち…そのころ殿村(立川談春)の田んぼには巨大台風が…!?佃(阿部寛)と財前(吉川晃司)が団結!自然の猛威に立ち向かう!

下町ロケット/正月特番/動画キャスト

阿部寛、土屋太鳳、竹内涼真、安田顕、徳重聡、和田聰宏、今野浩喜、中本賢、谷田歩、馬場徹、立石涼子、朝倉あき、宮尾俊太郎、山田悠介、松川尚瑠輝、菅谷哲也、菅野莉央、原アンナ◇イモトアヤコ、真矢ミキ、森崎博之、福澤朗、品川徹、岡田浩暉、高橋努、古川雄大、モロ師岡◇古舘伊知郎、甲本雅裕、木下ほうか、工藤夕貴、山本學、倍賞美津子、尾上菊之助、立川談春、神田正輝、吉川晃司、杉良太郎

下町ロケット/正月特番/動画ストーリー性

 
帝国重工の的場はダーウィンチームに加勢するようですが、それは帝国重工の社長と佃製作所への当てつけなのかもしれません。

しかし、ダーウィンチームは思わぬ刺客が来てしまったために、売上が低下してしまいます。

売上が伸び悩んでいたランドクロウですが、ライバルチームのダーウィンが自滅したような形で、自分たちの方にチャンスがやってきました。

しかし、佃社長はこのような形で、無人トラクター市場を独占していくのはおかしいと思うようです。

まさに佃社長らしい考え方ですが、ダーウィンチームも新たな動きがあるようです。

それぞれの思惑がどのように進んでいくのかまったくわからなくなってしまいました。

それでも最終的には佃製作所は良い形で終わるような気がしています。

一番気になるのはダーウィンチームと的場の関係です。

もともと、ダーウィンチームは的場への復讐のために組まれたので、両者が和解するのかしないのかはわかりませんが、本来の目的が変わっていくと、状況もそれに合わせて変わっていくのかもしれません。

それでも重田や伊丹たちの思いが良い方向へ変わっていくならば、多少の混乱や試練は仕方がないのではないかと思っています。

特別編はお正月にあるので、きっと素晴らしい結末で終わるのだろうと期待しています。
 

まとめ

 
帝国重工と佃製作所の無人トラクターの性能が素晴らしく、徐々に農家からの高評価を受けていくと思います。

一方ダーウィンにトラブルが発生して品質の悪さが目立ってきそうな気がします。

良い製品を作るためには妥協をせず、歩みを止めない佃製作所の開発意欲によって製品も進化していくのではないでしょうか。

帝国重工の的場は自分の立場ばかり考えていて様々な策略を練ったり裏切りをしてきましたが、そろそろバチが当たると思います。

次期社長に就任するのはもちろん無理で、降格もありそうです。

私の希望は、財前が帝国重工の次期社長に就任して欲しいです。

冷静に判断出来て、下請けが開発や製造したものでも良いものは良いと判断してくれる人が財前です。

社長になって、佃製作所と帝国重工の関係は深くなっていくと思います。

そのパターンとは違いますが、まさかの流れとして財前が社長にならずに佃製作所に入社するというのも考えられます。

その場合は佃製作所が急ピッチで無人トラクターの他にも自動の農業機械の製作に向かって進んでいく気がします。

佃社長がシャフトの特許申請の話をしていたので、特許を取った後に様々な分野でそのシャフトが別のものにも応用されていく流れになるかもしれません。