2019年

下町ロケット/正月特番/動画/2019年1月2日無料フル

下町ロケット/正月特番/動画/2019年1月2日無料フル

2019年1月2日21時からTBSで『新春ドラマ特別編「下町ロケット」お正月も大逆転!…トラクター戦争の結末は?』が放送されます

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

下町ロケット/正月特番/動画

下町ロケット/正月特番/動画番組内容

ようやく佃製作所と帝国重工の無人トラクターが完成!しかし絶好調の「ダーウィン」に対して売り上げは不調。形勢逆転を狙う帝国重工の的場(神田正輝)は、ダーウィンに力を貸している取引先の下請け企業に圧力をかけ始める!窮地に立たされた重田(古舘伊知郎)と伊丹(尾上菊之助)は思わぬ一手を放ち…そのころ殿村(立川談春)の田んぼには巨大台風が…!?佃(阿部寛)と財前(吉川晃司)が団結!自然の猛威に立ち向かう!

下町ロケット キャスト

阿部寛、土屋太鳳、竹内涼真、安田顕、徳重聡、和田聰宏、今野浩喜、中本賢、谷田歩、馬場徹、立石涼子、朝倉あき、宮尾俊太郎、山田悠介、松川尚瑠輝、菅谷哲也、菅野莉央、原アンナ◇イモトアヤコ、真矢ミキ、森崎博之、福澤朗、品川徹、岡田浩暉、高橋努、古川雄大、モロ師岡◇古舘伊知郎、甲本雅裕、木下ほうか、工藤夕貴、山本學、倍賞美津子、尾上菊之助、立川談春、神田正輝、吉川晃司、杉良太郎

下町ロケット/正月特番/動画ストーリー性

 
今回が最終回なのに観てスッキリしないところが沢山残っていました。

正月版があるという事でスッキリしていない所がそこで解消されるのだと最後に判明しました。

まず、ギアゴーストの伊丹さんのPCにダーウィンが停止する不具合が出ているとメールが来ているのが放ったらかしで終わった事。

沢山の予約受注を受けて大喜びしていたが不具合が出てどうにもならず、てんてこ舞いになるのではと思います。

そこで佃製作所に謝罪し助けを借りるのではないかと思います。

あと伊丹の周りのダーウィンプロジェクトのダイダロス、キーシン、北堀企画の全員がどん底へ落ちていく様が見たいです。

そして的場と腰ぎんちゃくの奥澤をギャフンと言わせてないので、きっと佃製作所の技術力と藤間社長と財前さんの力でスッキリなるようにやり込めてくれるんだろうと思います。それにより藤間社長念願のロケット開発が進むのではと予想します。

最後に一番気になっている事は、農林業協同組合の職員吉井と殿村の同級生稲本をギャフンと言わせて無い事です、自分の考えと違う人をあれほどの嫌がらせをしただけのしっぺ返しが必要だと思います。

殿村さんの辛い気持ちが痛いほど伝わってきて、絶対に彼らに天罰が下る事を願っています。
 

まとめ

 

第11話の最終回で最終対決と思いきや次の特別編まで持ち越された。

帝国重工がやっと商品化したが売れ行きは伸びない、それより前倒ししていた人気のダーウインに注文が殺到する。

悩む帝国重工、そして佃社長であるが、そのまま見ているだけではない。

帝国重工は的場が気に入らないダーウインに何かしたらの圧力をかけていく、それが原因でダーウイン自体の勢いが止まる。

ただ、これをやった事で、的場は何かしら追い詰めれていく事になるかも知れない。

一方、佃社長は野木の自動運転システムを盗んだキーシンを訴えるのではないだろうか、しかし立証するのは難しい。

顧問弁護士である神谷も決定的な証拠となるものがないと勝てないと。

また佃社長は悩むが、いつもの秘策が功を奏して裁判で勝ち取る。

一番気になっているのが島津が気にしていたギアゴーストのトランスミッションである。

何かしら問題があると分かっていて、そこまでヒントを教えておきながら、十分な調査もしていない状態でどんどんと商品として出回っていく、出回って落着いた頃にダーウインがエンストする問題が多発する。

原因を調べるダーウイン側だがなかなかわからない。

原因が分かっても島津が作ったトランスミッションなので解決方法がすぐに分からない。

こうしている間にダーウインに対する不満が広がっていく。

困り果てた伊丹は、島津に会いに行き相談するのではないか、しかしそれには応じない。

下手するとギアゴーストはこの対処で大きな痛手を受けて倒産するかも知れない。

目の前の復讐しか考えていなかった伊丹だが目を覚ます。

いや佃社長が目を覚まさせる。

佃製作所がまたギアゴーストを買収して助ける展開になるような気がしまう。

そして、最終的にには佃製作所のエンジンとトランスミッションを積んだ帝国重工のトラクターが主流になる逆転劇が始まるのでしょう。