未分類

ニューイヤー駅伝2019動画中継ライブ無料

ニューイヤー駅伝2019

2019年1月1日7時30分からTBSで『ニューイヤー駅伝2019第63回全日本実業団駅伝』がはじまります

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

ニューイヤー駅伝2019 動画配信

ニューイヤー駅伝2019/番組内容

みどころ1

<旭化成の3連覇か!?それとも…> 最多優勝23回の王者旭化成は市田兄弟・村山兄弟という2組の双子で3連覇に挑む。 前回2位のHondaは“1億円男”設楽悠太を中心に創部48年目で悲願の初優勝なるか!?前回3位のトヨタ自動車は福岡国際マラソン王者の服部勇馬など3本柱を擁し3年ぶりの王座奪還へ!東日本予選1位通過の富士通は10年ぶりの日本一へ!平成最後の駅伝日本一は…!?

みどころ2

今大会は2019年9月15日に行われる東京五輪マラソン代表選考レースマラソングランドチャンピオンシップのファイナリストが18名エントリー。マラソン歴代2位・設楽悠太(Honda)、アジア大会金メダリスト・井上大仁(MHPS)、福岡国際マラソン優勝・服部勇馬(トヨタ自動車)など日本最高のランナーが激走する!

ニューイヤー駅伝2019

日時:2019年1月1日(火)9時15分号砲 コース:群馬県庁スタート→フィニッシュ7区間100km 参加:37チーム 解説:宗茂・金哲彦・尾方剛 ゲスト解説:増田明美 お天気リポート:森田正光

応援メッセージ

 
東京オリンピックの候補の選手も出るようなので、彼らの走りを見ることが出来るため、注目出来そうな大会となりそうです。

群馬県でそれぞれのチームが結束して、どのような人間模様を魅せて、たすきを繋いでいくのか見どころとなってきそうです。

そして期待ができたて焦点とそうなのが、トヨタ自動車だと思います。

15年、16年大会を連覇したものの、主力の故障欠場もあり優勝から遠退いていたために、3年ぶりの優勝奪還となるのかどうかも見どころとなり楽しめそうです。

そして、活躍が目覚ましく日本スポーツ界の顔の顔となったHONDAに所属している設楽悠太が、チームのためなら足を痛めてでも走るつもりと言っているので、彼がどんな走りを見せてくれるのか楽しみだと思います。

そんな設楽は区間賞よりも優勝が欲しいと言っているので、前回過去最高の2位までいったHONDAがどこまで優勝に迫れるのかどうかも、楽しみ方としては見応えがありそうだと思いました。

前回はエース区間4区で10人抜きをしたこともあって、何人抜くことが出来るのかも見どころとなりそうです。

そして4区では、東京マラソンで歴代5位になった井上大仁と設楽悠太のエース対決も見られそうなのも楽しみなところです。
 

楽しみな点は3つ

 

ニューイヤー駅伝2019は元旦に行われる全日本実業団駅伝で各地域の予選会を勝ち抜いたチームが出場する駅伝で、日本の長距離のトップクラスの選手が出場する大会です。

楽しみな点としては3点あります。

1つ目は旭化成が三連覇を達成するのかどうかです。

旭化成はこれまでは日本人選手のみで出場していましたが、前回より外国人ランナーを起用してより一層盤石な形となってきています。

日本人の層も厚い旭化成が3連覇へ向けてどんな区間オーダーを組んでくるのかが楽しみの1つ目です。

2つ目は今年、男子マラソン界を沸かせてくれた選手がどんな走りをしてくれるのか。

マラソン日本記録保持者の大迫傑選手は実業団の所属していないので出場しませんが、前記録保持者の設楽悠太選手はHONDAに井上大仁選手はMHPS、服部勇馬選手はトヨタ自動車とそれぞれ名門チームに所属しています。

彼らがどの区間に配置しされるのかですね。

できればエース区間の4区で激突してくれると大いに盛り上がりますね。最後に3つ目として、箱根駅伝を沸かせてくれたランナーたちが次の舞台となるニューイヤー駅伝で活躍をしてくれるのかです。

注目のルーキーとしては田村和希選手(住友電工)と鈴木健吾選手(富士通)ですね。

2人は大学駅伝でも沸かせてくれた駅伝に強い選手なのでどんな活躍をしてくれるのか注目したいです。