2018秋ドラマ

恋ツミ/動画/4話ドラマ無料視聴/見逃し配信/再放送TBS/MBS

恋ツミ/動画/4話ドラマ無料視聴/見逃し配信/再放送TBS/MBS

(無料視聴できます)

↓ ↓

恋ツミ/動画/4話

この恋はツミなのか 4話 あらすじ

多恵(柏木由紀)に将棋を教えてもらおうと決意した大河(伊藤健太郎)は将棋カフェへ行き、多恵からみっちり指導を受けることに!

多恵との将棋デートに、大河の胸は高鳴るばかり。

一方、多恵の近くに怪しい影が…。

熱狂的なファン・坂田(カトウシンスケ)のカメラには隠し撮りした多恵の写真が大量に、そして多恵の部屋には何者かが侵入した痕跡が。

なんとかして多恵を守りたい大河は、ボディーガードになると申し入れるが…!?

恋ツミ/動画/4話視聴者の感想

「この恋は罪なのか?」というドラマがスタートするんですね!駒田多恵役は柏木由紀さん、小日向大河役は伊藤健太郎さん。私はこの原作のマンガを読んだことはありませんが、ヒロインは女流棋士ということで楽しみになりました。

最近のドラマは強気で反面、だらしない女性を描くことも多く、やまとなでしこ風の女性を主人公にしたものが少なくなっているように感じたからです。

その点、柏木由紀さんは国民的アイドルで色白。しかも清楚なイメージがあるのでこう言った役柄にぴったりです。

胸の大きい癒し系という事で、男性はより楽しみなのではないでしょうか。ストーリー性とキャストも良く、マッチしているので是非見てみたいなと思いました。

そんな彼女に恋をする小日向大河はコミュ障害だそう。そのお相手役は伊藤健太郎さん。

眼鏡をかけた優しそうな「めがね男子」なんですね。なんだか胸キュンの予感がします!男性の方が引っ込み思案では、果たして恋は発展するのか?というところも見所だと思います。

ラブストーリーが展開するのにはそれなりのきっかけがないと恋愛が始まりませんからね。イケメンと美女の主演は、見る側も興味をそそるもの。素敵なロマンスに浸りたいです。

まとめ

女流棋士とは珍しい主人公ですね。将棋といえば男性のイメージがありますが、活躍している女性も大勢いらっしゃいますよね。これをキッカケにして将棋に興味をもつ女性が増えてくれたら嬉しいです。そしてプロとて活躍する女性が注目される社会になってほしい。女性であるわたしでさえ、「プロとして活躍するのは男性。女性はサポート」という固定概念というか偏見があります。それを払拭するキッカケにしたいですね。わたしは将棋のルールはサッパリです。だからこそ、棋士の人には頭が下がります。仕事中はキリッとしているのに、プライベートでは天然。このギャップもたまりませんね。ドジな人が真摯に仕事にうちこんでいる姿は老若男女とわず惹かれるものです。見習いたいですね。なかなかオンオフの切り替えは難しいですから。コミュ障の眼鏡青年。見た目は喋りが得意そうなんですけどね。セールスマンみたいです。でも、おしゃべりなのとコミュケーションスキルは別らしいですから。人見知りを隠すために、ペラペラ喋る人もいますからね。わたしは黙るタイプです。タイトルの『ツミ』は罪と罰、それから将棋用語の詰みが元でしょうか。是非とも最後の一手まで諦めずに戦いぬいてほしいですね。願わくば、お互いに納得できる形で勝利してほしいです。真面目だけど不器用な恋を応援したいですね。