2018秋ドラマ

恋ツミ/動画/最終回無料視聴/見逃し配信/再放送MBSTBS

恋ツミ/動画/最終回無料視聴/見逃し配信/再放送MBS/
TBS

(無料視聴できます)

↓ ↓

恋ツミ/動画/最終回

この恋はツミなのか 最終回 あらすじ

多恵(柏木由紀)に将棋を教えてもらおうと決意した大河(伊藤健太郎)は将棋カフェへ行き、多恵からみっちり指導を受けることに!

多恵との将棋デートに、大河の胸は高鳴るばかり。

一方、多恵の近くに怪しい影が…。

熱狂的なファン・坂田(カトウシンスケ)のカメラには隠し撮りした多恵の写真が大量に、そして多恵の部屋には何者かが侵入した痕跡が。

なんとかして多恵を守りたい大河は、ボディーガードになると申し入れるが…!?

恋ツミ/動画/最終回視聴者の感想

原作を読んでいる人が、このマンガをドラマ化すると聞いて、一番最初に気になるのは、間違いなく駒田多恵を誰が演じるのかということだと思います。

何といっても多恵の魅力があってこそ、成り立つ話だからです。その多恵というキャラクターを演じる上で、絶対に外せないポイントは、彼女が巨乳であるという点です。二人が電車で出会いうシーンからして、まさにその巨乳が重要なファクターになりますし、彼女の役は原作通り、絶対に見るからに巨乳でないと物語が始まりません。

ただ、だからといってあまりにもセクシー過ぎては駄目だし、おっとりとした童顔の天然系の雰囲気が必須です。その上に将棋差しですから勝負師の一面も持っているので、どこか知的で凛々しい表情にギャップ萌えしてしまいます。

そう考えると案外、ルックス的に似合う女優さんがあまり思い浮かびません。

そんな狭き門なのですが、柏木由紀さんがキャスティングされたというのは、なかなか盲点だったなと思います。

確かに見た目としては原作のイメージにかなり近いものがあります。

問題は彼女の演技力というところですが、物語の視点はもうひとりの主役である大河が中心なので、そこは何とかなりそうです。

その大事な大河役は伊藤健太郎くんです。

若手ですが演技派として注目されていますし、芝居を引っ張っていく力は十分にありそうです。この二人ならば、大河の奮闘ぶりと、多恵の魅力を存分に楽しめるドラマになりそうです。。

まとめ

女流棋士との恋物語という今までにない形なので、どのように恋愛模様が進んでいくのかとても楽しみです。

今まで恋愛経験のない男性が恋に落ちる瞬間というのを見ることができればいいなと思います。

見ていて応援をしたくなるようなドラマなのかなと思います。柏木由紀が32歳という年上の役をするというのが興味があります。

童顔巨乳のメガネ女子という普段の柏木由紀からは感じることのないキャラクターです。

写真ですが、和服姿がとても似合っています。

ドラマの中でも和服姿をたくさん見れたらいいなと思います。

斎藤工が出演をするということがとても嬉しいです。柏木由紀に将棋を勧めた人物ということで出演は多いように思います。

たくさんかっこいい斎藤工を見ることができれば嬉しいです。

矢本悠馬の出演が楽しみです。半分青い。のブッチャー役をしていて今気になっている役者さんの一人です。

コミュ障の主人公とは反対に、コミュ力が高く、お調子者ということで明るいキャラクターということが分かります。どんな感じで主人公と絡むのかとても楽しみです。

見ているだけで、元気をもらえそうな感じがします。

もう一人の同期を含めて3人がどのような絡みをするのかとても楽しみです。