2018秋ドラマ

恋ツミ/動画/最終回ドラマpandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube

恋ツミ/動画/最終回ドラマpandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube

(無料視聴できます)

↓ ↓

恋ツミ/動画/最終回

この恋はツミなのか 最終回 あらすじ

多恵(柏木由紀)に将棋を教えてもらおうと決意した大河(伊藤健太郎)は将棋カフェへ行き、多恵からみっちり指導を受けることに!

多恵との将棋デートに、大河の胸は高鳴るばかり。

一方、多恵の近くに怪しい影が…。

熱狂的なファン・坂田(カトウシンスケ)のカメラには隠し撮りした多恵の写真が大量に、そして多恵の部屋には何者かが侵入した痕跡が。

なんとかして多恵を守りたい大河は、ボディーガードになると申し入れるが…!?

恋ツミ/動画/最終回視聴者の感想

小癒し系の女流棋士と、サラリーマンをしていてあまり冴えなく人付き合いも苦手そうなそうな二人が織り成す恋愛模様が面白そうです。更に二人には年齢が離れているという違いもあり、年下のサラリーマンが年上の見るからにモテそうな女流棋士をどのように相手をしていくのか、恋愛経験のない彼が彼女とどう接していくのかが見どころとなると思います。

出会いからしてすでに興味をそそられ、たまたま乗り合わせたバスが揺れ、女流棋士の胸がサラリーマンに当たるところからして二人の行方が気にります。そして恋愛経験がない彼はその時の出来事を忘れられないようで、その時の彼の感情がどういったものなのか、そしてどのように彼女を思っているのかがポイントとなりその後の展開が面白そうに思いました。

そんな中、偶数にも彼が居酒屋でバスの中で出会った女流棋士と再開する事になり、恋愛経験がない中でも運命等を感じと思い期待が出来そうで、初めての恋をする彼の行動が気になり、やはり見どころとなりそうです。

そして彼の上司が会社の将棋部に所属していて、同時に元はプロ棋士を目指していたようなので、恋に落ちたサラリーマンが将棋の事について聞いたり、恋愛の事にも相談に乗ってくれそうなところが、上司と部下の関係よりも強く描かれそうで面白そうだと思います。

二人に接点がないので将棋を通じて、仲良くなっていくのだろうと感じました。

まとめ

この作品の第一印象は「将棋かぁ、、」という、難しそうだとか堅い内容なのかなといったものでした。

しかし、主人公がコミュ障で童貞という今の世の中に最適な人物!

これは自分と重ねて合わせて共感する人は多いはず。そしてヒロインが童顔で癒し系、からのギャップで巨乳!

需要のある萌え系要素からのお色気!原作の絵もリアルな肉感がありますよね。女の私も食い入るように見てしまいました。

あの息が荒くなる程の雰囲気をどうやって実写で表現してくれるのだろう。

非常に楽しみです。特に、柏木由紀さんに癒し系のイメージはありますが、童顔や巨乳のイメージはないので、演技や演出でどこまで再現できるかは見ものですね。

期待しています。また、小日向大河を演じる伊藤健太郎さんですが、放送中のドラマ、今日から俺は!での演技を見て、それまでテラスハウスでのクールなイメージを良い意味でぶち壊してくれました。

なので、童貞でコミュ障をどんな風に演じるのか、こちらも楽しみです。

コミュ障は演じ方によっては女性から引かれたり、多い台詞も言い方によってはウザい印象を持ってしまうので、彼がどうやって応援したくなる小日向大河を演じるのかハードルを上げてお待ちしております。

なにしろ8歳も上の騎士ですから、この格差にコミュ障が挑むって、コミュニケーション得意であっても難易度高いのに、、、。このドラマ詰むや詰まざるや。非常に期待しています。