2018年末

犬神家の一族/見逃し配信/ドラマ(2018年12月24日クリスマス)&感想など

犬神家の一族/見逃し配信/ドラマ(2018年12月24日クリスマス)&感想など

2018年12月24日21時30分からフジテレビ系列で『ドラマ犬神家の一族』が放送されます

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

犬神家の一族/見逃し配信/ドラマ

犬神家の一族/見逃し配信/ドラマあらすじ

昭和22年、那須湖畔の本宅にて一代で犬神財閥を築いた犬神佐兵衛(里見浩太朗)が莫大な財産を残し、家族に見守られながら他界。

その遺産の配当や相続者を記した遺言状は、長女・松子(黒木瞳)の一人息子・佐清(賀来賢人)が戦地から復員してから発表されることになっており、一族は佐清の帰りを待つことに…。

数カ月後、金田一耕助(加藤シゲアキ)は犬神家の本宅のある那須湖畔を訪れた。

犬神家の顧問弁護士・古館(小野武彦)の法律事務所に勤務する若林(少路勇介)から「犬神家で近々、血みどろの事件が起きるのでそれを防いでほしい」との手紙を受け取ったためであった。

那須ホテルを宿泊拠点とした金田一は、湖畔から犬神家を望んでいたところ、犬神家の養女・珠世(高梨臨)の乗るボートが沈みかかっているのを目撃し助けようとする間に、犬神家の下男・猿蔵(大倉孝二)が珠世を救出する。

珠世が何者かに狙われたのはこれで3度目。

その後、金田一がホテルに戻ると、若林が何者かによって毒殺されていた。

若林は犬神家の誰かに買収され、法律事務所の金庫に保管している佐兵衛の遺言状を盗み見た可能性が。

古館の依頼で金田一は犬神家の遺産相続に立ち会うことに。

そんな中、ビルマの戦地で顔に大怪我を負い、白いゴムマスク姿で佐清が帰ってきた。

佐兵衛の遺言状は古館によって金田一の立ち会いのもと公開されることになる…。

犬神家の一族 キャスト

加藤シゲアキ  賀来賢人  高梨臨  薮宏太(Hey! Say! JUMP)  品川徹  笠原秀幸  安藤聖  田鍋謙一郎  少路勇介  坂口涼太郎  松田美由紀  りょう  梶原善  佐戸井けん太  大倉孝二  小野武彦  梶芽衣子  板尾創路  生瀬勝久  里見浩太朗(特別出演)  黒木瞳  他

犬神家の一族/見逃し配信/ドラマの感想

聖なる夜にこの映画をするのは、かなり印象に残ります。

何度も放送していて、ストーリーは知っているものの見てしまうのは、怖い物見たさです。

初めて金田一耕助役の加藤シゲアキさんがどんな風に演技するのかが見たいです。

CGが多くなってしまった映画業界で、犬神家の一族はあまり見られない気がします。

画像が鮮明すぎると、リアル感が減ってしまいます。昭和時代の雰囲気を出すために、画質を落とす工夫が必要です。

悲しくなるのは、人間の性です。

お金のあるところに人は集まり、お金のあるところで犯罪は起きてしまうところです。

お金持ちの兄弟は仲が悪いことが多いです。

憎しみあって、貶し合ってしまう人間の心の汚さは、もはや動物以下の人格です。お金のためなら、人まで平気で殺してしまうのは人間だけです。

世の中にいい人なんていないと思っていたら、騙されることもなく生きられるでしょう。

貧乏神、疫病神と人間は名付けますが、神とは人間を示します。犬神家の一族は、どんな神がついているのかは、見てから考えようと思います。

不幸が訪れることは、生きてる間には必ずあります。

きっとその時が来てしまったのでしょう。

そして誰もいなくなったに似ていて虚しさを覚えます。

まとめ

横溝正史の代表作の金田一耕介シリーズ。

その中でも特に知名度の高さを誇る作品のひとつが犬神家の一族ではないでしょうか。

これまでにも何度もドラマや映画と映像化されていて、知らない人はまずいないのではないかという位。今でもパロディに使われたり、ネタに使われる事がある程です。

50年近くの時が流れているのに、指示する声の根強さも凄いし、今もミステリーに影響のあるような本当に偉大な作品ですよね。

これまでに金田一耕介という役を演じた俳優は沢山いるわけですが、それぞれの良さがあり、どの金田一耕介が好きという好みも別れる所だと思います。

今回はどんな金田一耕介が見られるのかも見どころですね。

ジャニーズアイドルグループNEWSの加藤シゲアキさんがどのように演じるのか注目が集まりそうな気がします。

ついこの間まで頭の切れる主人公が、その頭脳で数々の苦難を乗り越えるというドラマの主演を務め、これからも知的な役も増えそうですね。

小説家という顔を持つ加藤シゲアキさんに合っているかもしれませんね。