2019冬ドラマ

剣客商売 見逃し配信/手裏剣お秀/北大路欣也フジテレビ2018年12月21日あらすじなど

剣客商売 見逃し配信/手裏剣お秀/北大路欣也フジテレビ2018年12月21日あらすじなど

2018年12月21日21時からフジテレビ系列で北大路欣也さんの『剣客商売 手裏剣お秀』が放送されます

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

剣客商売 北大路欣也2018動画配信手裏剣お秀12月21日

剣客商売 北大路欣也2018見逃し配信手裏剣お秀12月21日

あらすじ

 

秋山大治郎(斎藤工)は、門人の飯田粂太郎(内野謙太)より、長屋の隣の部屋に住む益田忠六(金山一彦)ら三人の浪人が、人殺しの計画を立てているのを聞いたことを受け、父親の秋山小兵衛(北大路欣也)に相談をする。

小兵衛が探りを入れると、浪人たちが狙っているのは、品川台町で一刀流を指南し、手裏剣の達人でもある杉原左内の娘・秀(比嘉愛未)だった。

秀は、数カ月前に父親を亡くしたため道場を引き継ぎ、師範として品川台に住む町人や農夫に剣術を教えていたが、そのことをよく思わない旗本の子息である若侍三人が道場に乗り込み、秀の返り討ちにあう。

これに逆恨みした侍たちは浪人を雇い、復讐を企てていたのだ。

さらに、江戸の街で暗躍していた別の浪人たちからも、命を狙われているらしいとわかり、事件は混沌とした闇に包まれていく…。

そんな中、小兵衛が秀の前に現れ、父親をほうふつとさせるその姿に、秀は心を許し始める。

小兵衛らは浪人の襲撃計画の背後にある因縁を探りながら、秀という女剣士の中にある剣士の心を感じていく。

そこには、亡き父との約束があった…。

そして、若侍たちの復讐と、浪人たちの襲撃計画がじりじりと進行し、ついに秀に絶体絶命の危機が訪れる。

 

キャスト

 

北大路欣也  貫地谷しほり  斎藤工  古谷一行  國村隼  比嘉愛未  ほか

 

剣客商売 見逃し配信北大路欣也2018配信手裏剣お秀12月21日ストーリー性

主人公がどのような形で秀のことを考え想い、秀の主人公に対する心の変化や、父親から継いだ秀の頑張りが見どころとなりそうです。

秀は師範として、地元の町人達に教え慕われていたのですが、そんな中それを良く思わない旗本の子息達が、三人で道場へと乗り込み秀が返り討ちにするようですが、道場を引き継いだけあって、一人で三人を相手するとはかっこ良く、同時に返り討ちにするとは強いことを証明していると思いました。

しかし、一人で道場を続けることも何かと苦労も多そうだと思いました。そんな中主人公が訪れ、秀は心を許しなんでも素直に話し合えるようなり、秀はきっと父親の姿を主人公に重ねていると思い、主人公の人柄が分かる気がしました。

そして後半では、秀の剣さばきや手裏剣さばきも見られるようでそれも楽しみです。

秀役を演じた比嘉愛未は、長く続くこの作品に出演出来たことを素直に嬉しいと言い、彼女の作品への想いが感じられると思いました。

初の剣士役に彼女は、手裏剣を得意とする役柄に出来る限りスタント無しでやりたいと張り切っていたようで、彼女の女優としてのこの役柄にかけるやる気が分かり、とても好印象な女優だと感じました。

そして彼女は、和気あいあいとした撮影現場だったとも言っているので、それが長年続くこのドラマの良さの要因の一つとなっているのだろうと思いました。

まとめ

1943年生まれの北王路欣也さんは、ダンディで大物役が似合う、日本を代表する名優の一人として、知られています。

戦前・戦後において時代劇の六大スターの一人とされ、『旗本退屈男』で一世を風靡した、市川右太衛門さんの次男として、誕生しました。

25歳の若さでNHK大河ドラマ『竜馬がゆく』で主演を務められたほどで、当時から注目度が高いと言えます。『独眼竜正宗』では伊達政宗の父親である伊達輝宗、『江〜姫たちの戦国〜』では、徳川家康役など数々の大役を演じられました。

映画では人気の任侠映画『仁義なき戦い』シリーズで注目を浴び、『華麗なる一族』で当主の息子役、2007(平成19)年にテレビドラマ化された時は、当主役として出演しました。『名奉行!大岡越前』や『忠臣蔵』の大石内蔵助など時代劇でも存在感を示し、ブラウン管からオーラが伝わって来ると、言われたほどです。

倍返しが流行語大賞にも選ばれた『半沢直樹』では、大手銀行の頭取役に扮し、見るからに聡明さと懐の広さが伺える雰囲気と演技に、リアルさを感じました。

『八甲田山』をはじめ、数々の映画にも出演し、サントリーやソフトバンクと言った、コマーシャルでもお馴染みです。

大物役が多い一方で、コメディ作品にも出られ、気さくなところもまた人気の一つに挙げられます。