2018年末

浅見光彦シリーズ 平岡祐太 動画華の下にてTBS2018年12月17日と感想

浅見光彦シリーズ 平岡祐太 動画華の下にてTBS2018年12月17日と感想

2018年12月17日TBSの月曜劇場で内田康夫さんサスペンス新・浅見光彦シリーズ華の下にてが放送されます。

放送時間は、夜の8:00~ですね。

 

本記事では、TBSの月曜劇場で内田康夫さんサスペンス新・浅見光彦シリーズ華の下を見れなくて、困っている方への記事です。

青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)
(視聴できます)

↓ ↓

浅見光彦シリーズ 平岡祐太 動画華の下にてTBS2018年12月17日

浅見光彦シリーズ 平岡祐太 動画華の下にてTBS2018年12月17日 あらすじ

 

番組内容

北条氏の繁栄と滅亡を辿る取材のため、鎌倉に出かけた光彦(平岡祐太)は、湘南の海で、華道名家の孫娘・丹野奈緒(恒松祐里)に出会う。父であり次期家元・丹野博之(高橋和也)が旅館の女将(渡辺梓)と不倫しているところを目撃してしまう二人。その後、女将が死体となって発見されて、奈緒は父が殺したのではないかと疑う。光彦は何か違うと感じていて、丹野家の大いなる「秘め事」に近づいていく。

キャストゲストキャスト出演者

<レギュラー> 浅見光彦・・・平岡祐太、浅見雪江・・・竹下景子、浅見陽一郎・・・石丸幹二、浅見和子・・・魏涼子、吉田須美子・・・浦まゆ、

<ゲスト> 高橋惠子・恒松祐里・藤田朋子・福澤朗・高橋和也・高橋香織・立石凉子・清水紘治・益岡徹、ほか

予告動画

浅見光彦シリーズ 平岡祐太 動画華の下にてTBS2018年12月17日と感想

浅見光彦シリーズの大ファンで、こちらの新作をとても楽しみにしています。

主演は今回4作目となる平岡祐太さんですが、私が好きだった沢村一樹さんや中村俊介さんの演技とは異なった初々しさを気に入っており、今や同等に注目している役者さんの一人になりました。

前回と同じように3時間の大作に挑戦されていますが、前回も飽きずに楽しく見ることができましたので、今回も期待を裏切らずに演じてくれるのではないかと思っています。

今回の舞台が鎌倉や湘南と古くから人気の観光地ですので、なじみ深い風景もドラマを盛り上げてくれるのではないでしょうか。

プロデューサーの矢口久雄さんの談話によれば、BGMにサザンオールスターズの曲を使っているとのコメントがありましたので、若い頃の青春を思い出してくれるに違いないと感じております。

浅見光彦シリーズと言えば、主人公の家族とのやり取りも魅力の一つですが、警察官僚の兄を隠している主人公と地元警察の方々との駆け引きがとても好きで、正体を明かすときのお兄さん役石丸幹二さんの演技も楽しみにしています。

古都鎌倉を舞台に、華道家元一家の争いごとと、それを重んじるがゆえの苦悩が何ともミステリアスで心を揺さぶることになりそうです。

まとめ

平岡祐太さんはすごくイケメンで優しそうで品のある顔をしていると思います。平岡さんを初めて見たときは「この人が人間だなんて信じられない!天使なんじゃないの?」と思ったくらいです。

私の周囲でも平岡さんが有名になり始めた頃は「すごいカッコいい人が出てきた」とざわつきました。

老若男女問わず、誰から見ても文句のつけようがない好青年だったと思います。そして、一見すごく整っているように見えるお顔だちなのですが、よく見ると左右の目の形が全然違っていたり、笑うとヤイバが見えたりします。

そのちょっとアンバランスなところが顔の印象にかわいらしさを与えていました。

しかし、数年前からはどういうわけか人気が失速し始めてドラマなどで見かけることが減ってきたし、また見かけたとしてもつまらない男性の役をしていることが多くなってきました。

これといってスキャンダルがあったわけではないので、私たちには理由がよくわからず残念です。

平岡さんの甘いマスクは今も健在ですので、魅力的な役にさえ出会えれば再ブレイクの可能性は十分にあると思います。

今は田中圭さんや星野源さんなど30代後半でブレイクする俳優さんもいますので、平岡さんのことも期待しています。