2018秋ドラマ

(西郷どん動画最終回)再放送最終回を無料でフル見逃し配信ドラマを見るURLとネタバレ

(西郷どん動画最終回)再放送最終回を無料でフル見逃し配信ドラマを見るURLとネタバレ

2018年12月16日に西郷どん(せごどん)動画第最終話でついにラストの放送になります。
銃で撃たれての最後でしたね

初回~再放送を見逃したので動画配信をフルに無料視聴したい方は下記の青文字をクリックしてもらうと

(無料視聴できます)

↓ ↓

西郷どん(せごどん) 動画最終回

西郷どん 最終回 あらすじ

西南戦争

 

「敬天愛人」

西郷(鈴木亮平)は残った兵士とともに包囲網を突破し、薩摩の城山に到達する。

一方、大久保(瑛太)は内国勧業博覧会の準備にまい進していた。

その頃、従道(錦戸亮)は、片足を失い政府軍に投降した菊次郎(今井悠貴)を西郷家に連れて帰る。

政府軍総攻撃の前日、大久保は、降伏すれば西郷の命を助けると指令を出すが、西郷は拒否。

城山から最後の戦いに向かう。

そして、糸(黒木華)は夫西郷の真意を息子たちに語り始める。

Yahooより引用

西郷どん キャスト

鈴木亮平,瑛太,黒木華,錦戸亮,二階堂ふみ,桜庭ななみ,北村有起哉,高橋光臣,渡部豪太,堀井新太,今井悠貴,柏木由紀,上白石萌音,泉澤祐希,大野拓朗,塚地武雅,青木崇高,美村里江,村上新悟ほか

(西郷どん動画最終回)の感想

 

西郷どん」は、今までの大河ドラマと異なり、斉彬編・奄美編・維新編・新政府編とテーマが変わっており(私が勝手に付けた名称です)、それぞれ、島津斉彬・愛加那・大久保利通・菊次郎と、相棒がいて複数のドラマをみているようです。

当然、好き嫌いがありますが、自分は奄美編が一番好きです。

愛加那の大和撫子以上の女性らしい優しさ、生き抜く強さ、母としての強さは、見ていて強く心を動かされました。本当は琉球の民はもっと薩摩から虐げられていたと思うのですが、西郷どんの存在で残虐さが薄れて(沖縄問題としては良くない描写かもしれませんが)、ドラマとしては愛加那との触れ合いに集中できて見やすかったです。

演出家と二階堂ふみさんの好演の賜物なのでしょうね。

あと、日本史好きとしては、なぜ西郷隆盛が島流しにあったのか、奄美の子供たちがどうなったのかが分かり、勉強になりました。

他の編も西郷隆盛の生い立ち、活躍ぶりが生き生きと描かれ、気持ちよく見させてもらっています。

他の編でも、登場する女性が優しさ、強さを醸し出しており、作品全体が女性的な美しさに包まれていたような気がしており、すごく心安らかに見ることができました。

余談ですが、ドラマが始まる前に斉藤由貴さんがキャストから外れましたが、南野陽子さんの優しめの幾島も良かったですが、斉藤由貴さんの飄々とした幾島も見たかったです。

まとめ

私自身がもともと歴史好きでして、その中でも幕末~明治維新にかけての時代が一番好きです。西郷どんですが、私なりのドラマの見方を今回しました。

それは過去の大河ドラマで「翔ぶが如く」も好きで見ており、西郷どんを見た後にその内容と同じ回を見ていくという方法です。西郷どんと翔ぶが如くをほぼ同じ時系列でみていくということです。

そういった比較しながら見ていくと同じ歴史的出来事も西郷隆盛の対応もドラマによって大きく表現方法が違うことに気づかされます。

大まかにいうと翔ぶが如くはとにかく男くさく淡々と史実に基づいて話が展開していくのですが、西郷どんは同じ史実でもより人間の心情を深く描いており、特に女性目線の心情がより深く表現されている点が大きく違います。

翔ぶが如くは歴史ドラマであり、西郷どんは人間ドラマといったところです。さらにはその見方により発見もありました。

翔ぶが如くのキャストの方々が西郷どんでは別のキャストとして演じられております。

大久保利通を演じた鹿賀丈史は島津斉興を、西郷隆盛を演じた西田敏行は西郷菊次郎を、有村俊斎を演じた佐野史郎は井伊直弼を、他にもまだたくさんの方々がキャスティングされております。

そういった見つけ方をしながら二つの西郷隆盛のドラマを楽しめたことによりまた一つ幕末の勉強ができた気がします。