2018年末

ipponグランプリ 見逃し配信2018年12月FODサイト

ipponグランプリ 見逃し配信2018年12月FODサイト

 

2018年12月15日にフジテレビで、IPPONグランプリ放送されます

見逃し配信は、下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

ipponグランプリ 2018見逃し配信

ipponグランプリ 2018 概要

 

『IPPONグランプリ』は、大会チェアマンに松本人志を迎え、大喜利が好きな10名の芸人が、シンプルに大喜利のみを行い、勝者を決めるバラエティー番組。

今回、唯一の初登場となるのは山内健司(かまいたち)。

山内以外の出場者は、川島明(麒麟)、くっきー(野性爆弾)、設楽統(バナナマン)、博多大吉(博多華丸・大吉)、大悟(千鳥)、千原ジュニア(千原兄弟)、バカリズム、堀内健(ネプチューン)、若林正恭(オードリー)の9名で、くっきー、大悟、山内を除く7名が優勝経験者という実力者ぞろいの大会となっています。

Aブロックは、くっきー、大吉、大悟、バカリズム、若林の5名。

Bブロックは、川島、設楽、ジュニア、堀内、山内の5名。

初出場の山内の戦いぶりはもちろん、バカリズム、ジュニア、堀内ら、優勝を複数回経験している強者(つわもの)たちの回答からも目が離せません。

また、観覧ゲストとして、高山一実(乃木坂46)、滝沢眞規子、中尾明慶、森崎ウィンも出演します。

番組史上、類を見ない激戦を制したのは果たして!?

Yahooより引用

キャスト

 

大会チェアマン

松本人志

出演者

(五十音順) 川島明(麒麟)、くっきー(野性爆弾)、設楽統(バナナマン)、博多大吉(博多華丸・大吉)、大悟(千鳥)、千原ジュニア(千原兄弟)、バカリズム、堀内健(ネプチューン)、山内健司(かまいたち)、若林正恭(オードリー)

観覧ゲスト

(五十音順) 高山一実(乃木坂46)、滝沢眞規子、中尾明慶、森崎ウィン

フロア進行

榎並大二郎(フジテレビアナウンサー)

ipponグランプリ 見逃し配信の感想

笑いの鬼才といわれる芸人松本仁志さん主催の、バラエティ番組IPPONグランプリですが、これまで数多くの笑いを生んでくれました。

IPPONグランプリは、バカリズム・麒麟川島さん・オードリー若林さん・ロバート秋山さん等お茶の間で必ず見かける芸人が多数登場しているのはもちろんのこと、新たな思考なのか必ず初参戦軸を設け新たな笑いを盛り上げようとする新風吹かせもあります。

ただ、この新風軸は永野さんや千鳥大悟さん等が初登場時に対しお題で大きく滑るという大失態をする枠でもあり、蚊帳の外になりつつありますが、侮りがたく、最初に1~2回一本先取すればその後も流れが押し寄せ、功績を立てることも多々あります。

さて、私が過去のIPPONグランプリで印象に残っているシーンは多々ありますが、特に注目すべきプレイヤーは麒麟・川島さんであり、フリップやアフレコによる回答が主になってくるため、持ち前の声のバランスを用いて、写真を見て一言「黒猫の写真」⇒「よく来たなぁ~SAGAWA急便!!」等のアドリブ力と声の力が試されるお題や、あり得ない吊革の持ち方⇒「全身を使い、吊革の輪の部分に引っかっている人を描く」等イラスト表現力も高く、イラストに定評のあるバカリズムさんや、声や演技に定評のあるロバート秋山さんのいいとこどりをしたかのようなマルチプレイヤーであり、注目株になります。

もちろん、他にも侮れないプレイヤーは多く、勝利数4回のバカリズムさんを始め、奇想天外な行動が目につくネプチューン堀内さん、上方のスタンスを入れつつツッコミに定評のある千原兄弟Jrさん等も注目プレイヤーですが、IPPONグランプリの怖いところは、予想外な相手に翻弄されバイオリズムを狂わせてしまうこともあるのが面白く、優勝者が予想できないことが最大の面白さといえるでしょう。

まとめ

 

これまで数々の名言を生み出してきたIPPONグランプリ。

ファンも多い番組だけど、いつ放送されるかが分からないんですよね。

今回も放送されると聞いて嬉しくなりました。

お題も投稿するだけならできるんですよね、出してみようかと思った事もあります。

もし番組で採用されて、それをもとに芸人さんが面白い大喜利を繰り広げてくれたらすごく嬉しいですもんね。

時にお題だけでまずクスッときちゃったりしますし、これは面白いのがきそうと思わせてくれる物もありますよね。

今回はどんなお題が出てくるのでしょう。

そして閲覧ゲストの4人も番組を花を添えてくれそうですね。