2018年末

回帰 警視庁強行犯係・樋口顕/見逃し配信ドラマテレビ東京2018年12月14日

回帰 警視庁見逃し配信強行犯係・樋口顕/見逃し配信ドラマテレビ東京2018年12月14日

2018年12月14日に今野敏さん原作回帰 警視庁強行犯係・樋口顕があります。

 

見逃したか方は下記で見れます

↓ ↓

 

回帰 警視庁強行犯係・樋口顕/見逃した!

番組内容

国際テロとみた公安部の梅田正之(嶋田久作)と柳瀬泰彦(宇梶剛士)は刑事部と合同捜査を主張。天童管理官(榎木孝明)は受け入れるが捜査員の間には微妙な空気が…。 そんな折、樋口は生活安全部の氏家譲(佐野史郎)から元同僚の因幡芳治(尾美としのり)が会いたがっていることを聞く。 国際テロ組織に入った噂もある因幡が何の目的で?やがて爆破で軍用爆薬が使用されたことが判明。

番組内容

テロ組織も事件の関与を発表し、国際テロの可能性が高まる中、樋口は坂本の死と爆破事件を繋ぐある証拠をつかむ。

出演者

樋口顕…内藤剛志 氏家譲…佐野史郎 樋口恵子…川上麻衣子 樋口照美…逢沢りな 天童隆一…榎木孝明

ドラマ回帰 警視庁強行犯係・樋口顕を見逃し配信情報

出演者を見たときにとても豪華だなと感じました。

 

内藤剛志さん、釈由美子さん、佐野史郎さんなどたくさんの有名な役者さんが出演をしているなと思います。

人気刑事ドラマが2年ぶりに帰ってきたのがとても嬉しいです。

本にもなっており、その本がとても好きなのでとても楽しみです。

これは日本で初めて起こったテロ事件なのかどうかを調べていくのがとても楽しみです。

事件は現場ではく会議室でも起きているというのが踊る大捜査線の言葉に似ています。

この言葉は本にありました。それがドラマでもあるのかどうかとても気になります。

本では読む側が推測できるように手がかり、伏線を張っておきながら、最後は、やられたという感じになっています。文句なしに、面白い作品です。

ドラマでもそのような雰囲気になることができるのかとても気になります。

 

テレビドラマ版では、本との違いをたくさん見たいなと思います。

 

 

現場での説明の場面では、実際に映像になるので、どうなるのかがとても楽しみです。

 

内藤さんの刑事姿でいろいろ取り調べなどをしていく姿をいっぱい見たいです。

 

こんな刑事さんがいたらいいなと思いたいです。テレビの前で2時間とても楽しみたいなと思います。

まとめ

小説家「今野敏」さんは警察ものの小説しか書いてないと思っていましたが、調べてみるとSFやオカルトものも書いてらっしゃいました。

すごくビックリです。14日にテレビで放送される「回帰 警視庁強行犯係・樋口顕」も今野さんのシリーズ作品です。主役はまた内藤剛志さんが演じらます。

今野さんは上智大学在学中の1978年に『怪物が街にやってくる』で第4回問題小説新人賞を受賞しデビューしました。 1979年同大卒業後東芝EMI入社。

しかし小説家に転身するために退社。

その後も参議院議員の選挙に出馬したり、多趣味だったりと小説のネタになりそうなことは一通りしているようです。

でもって面白いのが今野さんにとって、漫画家の石ノ森章太郎は父方のはとこにあたるらしいです。なんかすごくないですか?

やっぱり才能って遺伝していくものなのかもと思いますよねー。

マンガ家も小説家も同じ、シナリオを作る仕事ですものね。

今野さんは長年空手もしていることから武道や格闘技描写も大変優れているらしい。

これも趣味が仕事に生きていますね。

好きなことを全て自分の人生と言える小説家の肥やしになっている事が素晴らしい!

私も自分の好きなことが人生の肥やしのもとになるよう極めていきたいと思います。