2018年末

回帰 警視庁強行犯係・樋口顕/見逃した!ドラマテレビ東京2018年12月14日

回帰 警視庁見逃した強行犯係・樋口顕/!ドラマテレビ東京2018年12月14日

2018年12月14日に今野敏さん原作回帰 警視庁強行犯係・樋口顕があります。

 

見逃したか方は下記で見れます

↓ ↓

 

回帰 警視庁強行犯係・樋口顕/見逃した!

番組内容

国際テロとみた公安部の梅田正之(嶋田久作)と柳瀬泰彦(宇梶剛士)は刑事部と合同捜査を主張。天童管理官(榎木孝明)は受け入れるが捜査員の間には微妙な空気が…。 そんな折、樋口は生活安全部の氏家譲(佐野史郎)から元同僚の因幡芳治(尾美としのり)が会いたがっていることを聞く。 国際テロ組織に入った噂もある因幡が何の目的で?やがて爆破で軍用爆薬が使用されたことが判明。

番組内容

テロ組織も事件の関与を発表し、国際テロの可能性が高まる中、樋口は坂本の死と爆破事件を繋ぐある証拠をつかむ。

出演者

樋口顕…内藤剛志 氏家譲…佐野史郎 樋口恵子…川上麻衣子 樋口照美…逢沢りな 天童隆一…榎木孝明

ドラマ回帰 警視庁強行犯係・樋口顕を見逃した方へ

今野敏先生のサスペンスドラマは、物語が、練り込まれていて面白いです。

今野敏先生の原作は、よくドラマ化されていてどの作品も大人の渋さもあるサスペンスドラマになっています。

現在の社会情勢もとらえた作風は、見ごたえが、あります。今回は、釈由美子さんが、出演するのが、楽しみです。

釈由美子さん主演のドラマを観ていたことが、あるのですが、とても演技が、上手で面白かったです。表情もかわいらしくて落ち着いた演技が、良い女優さんだと思います。

刑事役の時もかっこ良い釈由美子さんも素敵だと思います。物語は、ストーカー問題と樋口の娘が、爆破の犯人かという二つの事件が、絡んでいて興味深いです。

内藤剛志さんは、いろんなドラマで家庭のある役柄を演じていますが、今回は、娘が、犯人かもしれないという事で職業的にも家庭で揉めそうな物語になりそうです。

強行犯係とは、どんな係なのかも興味深いです。捜査第一課や所轄などのお馴染の部署ではなく強行犯係という聞きなれない部署なのでどんな事件を取扱っているのか注目です。

サスペンスドラマを観ているといろんな犯罪に対して部署が、登場していてすごいなと思います。ネット犯罪を捜査する部署もあり時代の流れを感じます。

まとめ

硬い警察小説を書いており数多の賞を受賞されている。作家になる以前には、東芝EMIに勤め甲斐バンドの担当をしていたとwikiには記載されているが、どうもフェイクな記事のようにみえる。

多作で暗い小説随分書かれているようだ。長く名前を読みた違えていて恥ずかしいと言われていることに最近気づいた。

ビンと読んでいましたが、サトシという名前なのだそうです。名前をようやく正したところで、遅きに失したとは言っても全うな道を探すべく、まずはフェイク記事を訂正する記事を書きたい!と思う次第です。

それにしても多彩な作品群です。題名を眺めているだけでもワクワクします。

読書の時間というのはあるようでなかなか少ないのですが、男の小説だな!と感じますね。

一辺に読破するとかなりの実になるという話を聞いたことがあります。

その間、今野敏で思考が埋め尽くされるわけですから。

個人的な体験から言うとかなり不幸な空気になり犯罪や犯人が動き出してしまいました。

読書サイトなどを利用し犯人に引っ掛からない思考経路をかんがえているというファンの話を聞いたことがありますが、その読書サイトも犯人の様相になるという意味でしょうか。

サイトに請求したいと随分思ったのですが、どのサイトかはわからないんですよね