2018年末

回帰 警視庁強行犯係・樋口顕/無料視聴テレ東2018ドラマ12/14放送日分

回帰 警視庁強行犯係・樋口顕/無料視聴テレ東2018ドラマ12/14放送日分

2018年12月14日に今野敏さん原作回帰 警視庁強行犯係・樋口顕があります。

 

無料視聴したい方は下記で見れます

↓ ↓

 

回帰 警視庁強行犯係・樋口顕/無料視聴

番組内容

国際テロとみた公安部の梅田正之(嶋田久作)と柳瀬泰彦(宇梶剛士)は刑事部と合同捜査を主張。天童管理官(榎木孝明)は受け入れるが捜査員の間には微妙な空気が…。 そんな折、樋口は生活安全部の氏家譲(佐野史郎)から元同僚の因幡芳治(尾美としのり)が会いたがっていることを聞く。 国際テロ組織に入った噂もある因幡が何の目的で?やがて爆破で軍用爆薬が使用されたことが判明。

番組内容

テロ組織も事件の関与を発表し、国際テロの可能性が高まる中、樋口は坂本の死と爆破事件を繋ぐある証拠をつかむ。

出演者

樋口顕…内藤剛志 氏家譲…佐野史郎 樋口恵子…川上麻衣子 樋口照美…逢沢りな 天童隆一…榎木孝明

ドラマ回帰 警視庁強行犯係・樋口顕を無料視聴情報

今野敏さんの大ファンです。
彼の書く警察ものの小説は、とても読みやすい上に、理解しやすく、何よりも大変興味深いです。
今までにも様々な小説がドラマ化されました。それだけ人気が有ると言う事の表れですね。

私のお気に入りは『隠蔽捜査』シリーズです。

現在までに『隠蔽捜査6』まで出版されていますが、どの巻もとても深く警察内部や、警察の事情等が描かれていて興味は尽きません。

主役となる竜崎警部と捜査1課長の伊丹との関係も、色々あり、面白い事このうえありません。
本庁勤めだった竜崎が、息子の不祥事で、管轄内の1つの警察所の署長になりながらも、落ち込むことなく、むしろやりがいを感じている姿がカッコいいです。

『ここでは自分がトップだから、何でも決める事が出来る』と言うセリフがいいではないですか。

竜崎の家庭内の話等も、ところどころに織り込まれていて、それも魅力の1つになっています。
仕事ではバリバリの竜崎ですが、家庭では奥さんのサポートがあればこそ、威厳を保っています。

警察内の立場は違えど、時に助け合い、協力し合う、伊丹との関係も素敵だと思います。

今野さんの作品は、ミステリーの部分だけではなくて、それに出てくる人物の人間性が感じられるところがいいです。

どの人物も温かく、人間らしい弱さもあり、物語の世界にどんどん引き込まれていきます。
どうかこれからも、私達を楽しませてくれる作品を書き続けてください。

まとめ

小説家「今野敏」さんは警察ものの小説しか書いてないと思っていましたが、調べてみるとSFやオカルトものも書いてらっしゃいました。すごくビックリです。

14日にテレビで放送される「回帰 警視庁強行犯係・樋口顕」も今野さんのシリーズ作品です。主役はまた内藤剛志さんが演じらます。

今野さんは上智大学在学中の1978年に『怪物が街にやってくる』で第4回問題小説新人賞を受賞しデビューしました。

1979年同大卒業後東芝EMI入社。

しかし小説家に転身するために退社。

その後も参議院議員の選挙に出馬したり、多趣味だったりと小説のネタになりそうなことは一通りしているようです。

でもって面白いのが今野さんにとって、漫画家の石ノ森章太郎は父方のはとこにあたるらしいです。なんかすごくないですか?

やっぱり才能って遺伝していくものなのかもと思いますよねー。

 

マンガ家も小説家も同じ、シナリオを作る仕事ですものね。

今野さんは長年空手もしていることから武道や格闘技描写も大変優れているらしい。

これも趣味が仕事に生きていますね。

 

好きなことを全て自分の人生と言える小説家の肥やしになっている事が素晴らしい!私も自分の好きなことが人生の肥やしのもとになるよう極めていきたいと思います。