2018秋ドラマ

けもなれ 動画 10話 無料視聴/見逃し配信/再放送hulu/auビデオパス

けもなれ 動画 10話 無料視聴/見逃し配信/再放送hulu/auビデオパス

20118年12月12日にフジテレビでFNS歌謡祭2018第2夜が放送されます

最終回になります

本記事では、けもなれ 動画 10話 無料を見逃した、見逃し配信でみたい方への記事です

結論から言うと下記青文字をクリックすると

(無料視聴できます)

↓ ↓

けもなれ 動画 10話 無料

けもなれ 動画 10話 無料 予告youtube

けもなれ 動画 10話 無料 あらすじ

 

傷ついた心のまま一夜を共にした晶(新垣結衣)と恒星(松田龍平)は、お互いの気持ちが分からずモヤモヤ。

5tapで話そうとするが、松任谷(伊藤沙莉)と上野(犬飼貴丈)、更には京谷(田中圭)までが訪ねて来て大混乱!

ようやく本音で話そうとした2人に今度は呉羽(菊地凛子)から着信が。

バッシング記事でこれ以上夫のカイジに迷惑をかけないためにある決断をする呉羽…人生ままならない大人達が最後に自分で選ぶ人生は!?

Yahooより引用

獣になれない私たち キャスト

新垣結衣、松田龍平/田中圭、黒木華/犬飼貴丈、伊藤沙莉、近藤公園、一ノ瀬ワタル/菊地凛子/松尾貴史、山内圭哉、田中美佐子

視聴者の感想

30代

「獣になれない私たち」脚本は野木亜紀子先生・主題歌あいみょん「今夜のまま」挿入歌ビッケブランカ「まっしろ」出演者・深海晶(新垣結衣)根元恒星(松田龍平)橘呉羽(菊地凛子)花井京谷(田中圭)長門朱里(黒木華)1話は深海さん家族のマルチ商法聞かない方がいい事もあります

 

 

あるポスターを見て変わろうとしますが変わっています。バーでよくビールを飲みますが、前はビールで後は泡です。深海さんはいつも同じビールを飲んでます。

 

2話は恒星さんは税理士で赤字を黒字にしてハンコを押せば済みましたが粉飾決算です。

 

今は出来ないので勝俣(八島智仁)さんは頼みますが、恒星さんが言っていた事は違法行為をしてまで残す必要があるその会社と深海さんが来ていましたが恒星さん何か言っています。呉羽さんが恋に落ちた時聞いた音がありましたから、晶さんと恒星さんは協会に行って聞こうとしましたが、うるさいと言われて協会は鐘をならすのを止めたみたいですからバーに行きましたが後から呉羽さんが来てあなた達聞く物じゃない感じるものよと何か言っています。

簡単なストーリーはこのような感じです。ワンマン社長の九十九(山内圭也)さん深海さんはどうしますか始まっています。

前回のネタバレ

 

タクラマカンが新聞で橘カイジが取り上げられていることを話したことから、恒星は橘カイジにドタキャンされたことを晶に話します。

晶も京谷と別れたと恒星とタクラマカンに話します。

会社の方はどうするのかというタクラマカンに、晶は、

仕事内容は嫌いじゃない。

上野もやる気を見せ始めた。

松任谷も少しは手伝ってくれるようになるような予感がしている。

継続中の案件がいくつもあって取引先をむげにはしたくない。

システムエンジニアの佐久間さんにも迷惑を掛けたくない。

しかし、何かあったときのために退職届を胸に忍ばせておいて、ダメだと思った時に出すことを決意していたのでした。

その時、恒星の携帯に鏑木工産から電話があり、実家の解体が終わったと告げられます。

恒星の家は福島の避難指示区域内にあり、去年解除されたばかりでした。

荒れ放題だったので解体したと言う恒星。

見に行かなくていいの?という晶に、恒星は兄貴だったら涙の一つも流したかもといい、兄貴は今失踪中、現実から逃げているというのでした。

九十九は佐久間の転職を引き留めようと交渉をしますが、お金の問題じゃない、空間が辛い、皆がビクビクしながら仕事をしている空気に耐えられない、九十九は緊張感があっていいと持論を展開し、佐久間とは平行線に。

佐久間は九十九は経営者に向いていないと言い、社長室を出ていきます。

九十九はその言葉にショックを受け、晶の秘書の採用の話にも耳を貸せないほどの放心状態になってしまうのでした。

勝手にしろと言われた晶は、採用担当の金田に求人の状況を聞いてみます。

九十九の言動のおかげで、転職サイトの口コミが酷く、応募者が誰も現れない状況でした。

しかし、一人応募者がいて、棚上げになっていると聞かされた晶は、すぐに面接しましょうと言い、晶が面接をすることに。

応募してきたのは、朱里でした。

そのことに驚く晶。

そこに九十九が入ってきて、朱里の経歴を見て怒鳴り声を上げ始めます。

しかし、晶がフォローし、なんで肩を持つのかと九十九に聞かれた晶は知り合いと答え、九十九は晶の知り合いなら信用できる、採用と言ってしまうのでした。

そして試用期間を設けて、晶が面倒を見ることに。

京谷と別れたという晶に、驚く朱里。

京谷が私にマンションを渡し出ていったと晶に言い、ヨリを戻せばという朱里。

しかし晶は、自分で決めたことだからと意地を張ります。

監査法人のヘルプを続ける恒星。

トイレに入った瞬間、後ろから何者かに襲われます。

経理の不正の件はどうなったという男に、恒星は債務書評監査で不正調査は管轄外、訴えたかったら社内の通報窓口に行ってくださいと言う恒星。

しかし男はそれができないからメモを入れたという男に、恒星はただのヘルプだから関係ない、監査法人の人間じゃないと自分の名刺を見せます。

その男は恒星から名刺を取り上げ、逃走します。

堀田たちの元に戻った恒星は、トイレで襲われた男の背格好と経理部という情報から、大熊という男だと判明しました。

そしてさっそく何者かから電話が恒星のもとにかかってきます。

大熊と思った恒星。

しかし、叔父の亮一で、恒星の兄の陽太が見つかったとのこと。

警察に向かい、亮一と話す恒星。

陽太はいなくなった後、日雇いの現場を転々として暮らしていたみたいだが、ケンカに巻き込まれてけがをして働けなくなって、スリをしたところを逮捕されたようでした。

亮一にも事情があり、一時的に恒星が陽太の身元引受人になってしまいました。

事務所に陽太を連れて帰ってきた恒星。

しかし、目を離した隙に陽太は逃走してしまいます。

恒星は追いかけますが、見失ってしまい、探している途中で偶然晶に会い、晶に事務所のカギを渡し、陽太が帰ってきたら教えてくれと頼みます。

陽太に巻かれてしまい、事務所に帰ってきた恒星。

警察に頼めば?という晶に、恒星は窃盗で起訴か不起訴か待機中の身だからだめだと言います。

優等生じゃなかった?という晶に、

震災で親父から継いだ海産物の加工工場回んなくなって自転車操業を何年も続けた揚げ句、最後は借りてはいけない所から金を借りた。

会社は倒産、兄貴のプライドもズタズタに。

それで行方をくらまして現在に至る。

と言う恒星。

恒星は晶に陽太が似ていると言われ、酔って話したことを覚えていませんでした。

そして、生き残り頭脳ゲームの話になり、それが陽太は強く、恒星は勝てなかった。

しかし、ある時から勝てるようになり、陽太がわざと負けていたのが気に食わなかったと言う恒星。

そして、高校の頃、陽太の彼女を寝取った話をし、わざわざそんなことをするあなたが理解できないという晶。

晶は、恒星は陽太のピンチを助けた。

そのせいで粉飾決算に手を貸して今年も手を貸すよう誰かに脅されている。

今までの話を集めるとそうなる、といいます。

兄貴は会社を続けることにこだわってたから。

従業員もリストラできなかったし。

いい人の末路は悲惨。

と言う恒星。

そんな おにいさんを助けた恒星もいい人ってことになるけどという晶に、

俺はいい人じゃなくて俺に助けられたら兄貴は どんな顔をするのか見てみたかったから助けたと言いますが、

おにいさんを助けた理由なんている?

助けたかったから助けた。

それでいいと思うけど。

男の人のプライドって
面倒くさいね。

といい、ビールを貰って事務所から帰るのでした。

会社で朱里から寝坊したから今日は休むという電話を受け、絶句する晶。

晶はお昼からでいいから頑張ってこようかと説得します。

12時半を過ぎた頃、会社の前に変な女の人がいると佐久間から言われる晶。

晶が見に行ってみると、ストールにくるまり、うずくまっていた朱里でした。

朱里は開発したシステムのテストを任されることに。

そこに捺印した契約書を持って京谷がやってきました。

九十九がしきりに朱里にお茶汲みや手土産の用意をさせようとする中、必死に朱里がいることを悟られにようにする晶。

晶が手土産を持っていこうとした時、それを朱里が止め、代わりに行きます。

晶だと思い受け取った京谷。

目の前に朱里がいることに驚きます。

加えて晶も出てきて二人からお疲れさまでしたとお辞儀され、呆然とする京谷。

その姿を見て笑いがこらえきれない晶と朱里なのでした。

カイジの会社で週刊誌に呉羽のことが載ってしまうと言われ、年も間違っているし、デザイナーとも書いていない、ブランド名が入っていれば宣伝になったのにという呉羽。

カイジと待ち合わせをしていた呉羽はカイジと一緒に昼食に。

5tapで一息つく晶に、恒星の兄、陽太の話を聞かされます。

そこに京谷がやってきます。

マンションを出たことも朱里から聞いたという晶。

どうやら克己が亡くなったようで葬式も済ませたようでした。

千春は沈んでおり、折を見て晶のことを話すという京谷。

晶に恒星と付き合うのかと聞く京谷に、その発想はなかった、ただの飲み友達という晶。

恒星は事務所の前で待ち伏せしている大熊に驚きます。

話だけでも聞いてほしいという大熊に帰るように言う恒星ですが、また後ろから襲われ、強引に事務所に侵入する大熊。

恒星の事務所を見上げ、立ち去ろうとする陽太に偶然通りかかった晶が声を掛けます。

晶は立ち去ろうとする陽太を追いかけ、手を貸してくださいと言い、三郎のラーメン屋に行きます。

事務所で大熊の話を聞く恒星。

経理部長に一矢向きたいという大熊に、一矢報いたい相手が目の前にいていいですね。

経理部長が気に入らないなら声を上げればいい。

殴ればいいじゃないですか、目の前に敵がいるんだから。

分かりやすい。

ホントに苦しいのは敵が誰か分からないことですよ。

誰に一矢報いたらいいか分からない。

誰に怒ったらいいか分からない。

消化できない怒りのことですよ。

と言い、陽太と口論になり、震災で会社を続けられなくなった陽太の事を思い出す恒星。

三郎の店、雷々軒でラーメンを頼み、恒星の飲み友達といい、話をして時間を稼ぐ晶。

その間に、三郎が恒星を呼びに行きます。

晶は陽太に32583円を貸します。

晶は陽太を引き取りに来た恒星にその話をします。

翌日、出かけると言った陽太を尾行する恒星。

郵便局で現金書留をどこかに送っていた。

その額が封筒代も含めて32583円だったと亮一に話す恒星。

亮一は妻の真美への仕送りじゃないかと言い、電話して確認してみたところ、家賃代として陽太が送っていたようでした。

それより、真美は離婚届を送ってくれと伝えるように恒星に頼むのでした。

5tapでその話をタクラマカンにする恒星。

どんな形でも つながっていたいと
思ったのかもしれないね、というタクラマカン。

もうぶっ壊れてんのに。現実見ろって話だよ。

とつぶやく恒星に現実だけでは生きていけませんと割って入る男性の姿が。

人の脳はね、ストレスフルな環境じゃうまく働かない。

負荷が強ければ強いほど機能しなくなる。

そんな時は夢が必要なんです。

という男性。

夢じゃ食えませんよ、という恒星。

その反応にやっぱり聞いてたとおりの人だと喜ぶ男性。

その男性は橘カイジでした。

2度もドタキャンしたので恒星に謝りたいと思って、呉羽に聞いて5tapに来たというカイジ。

呉羽の洋服に対する考えから刺激を受けがんばろうと思った、そして会社の上場を思い立った、自分の手を離れ、課金させるだけのゲームになったプテロンオンラインをやめ、新しいゲームを立ち上げることにしたと話すカイジ。

カイジは、昔壊れて引きこもってゲームばかりしていたという事を話し、世界中には今でも昔の僕みたいな人がいて

僕たちはその人たちのためにゲームを作る。

その人たちがどんなに回り道しても夢を持って明るい所へ向かえるように、話します。

個性はそれにおとぎ話ですよねと反論し、

住む家を理不尽に奪われて。

風評被害で会社つぶれて、3万2000円すら工面できなくなった男がこの世にいて。

どんな夢を語る? ゲーム?

フッ…ないだろ。

「昔は苦労した」 そんな話ね、どん底にいる人間からすりゃ成功者のざれ言ですよ。

その言葉に圧倒されるカイジ。

翌日、ラーメンを作る恒星のもとに電話がかかってきます。

検察庁からの電話で何やら納得した様子の恒星。

恒星はそのことを陽太に告げ、ラーメンを食べたら検察庁に向かうと言います。

恒星は陽太に嘘つき、タクシーで埼玉の真美のもとに向かいます。

不起訴になった。

余罪もないし、初犯だから起訴猶予。

前歴は残るけど前科にはならない、今向かってんのはあんたの妻子の家。

と、恒星が陽太に言うと、突然降りると言い始める陽太。

口論の末、結局二人はタクシーを降り、道路の隅でケンカをし始めます。

互いに小学校や高校の頃の不満をぶちまけ、ようやくきちんとケンカしたのでした。

そして少しわだかまりが解けたのでした。

真美に会いに行く恒星と陽太。

意外にも温かく出迎えられ驚く陽太。

恒星は東京に向かうバスの中で、解体された実家の写真を見て、生き残り頭脳ゲームがあったことに驚きます。

そして解体前の写真を見て、昔のことに思いを馳せて涙ぐむのでした。

事務所に戻ると、晶が待っていました。

ネットオークションで生き残り頭脳ゲームを手に入れ、恒星と陽太に兄弟対決をさせようとしていたのでした。

流れで晶と恒星が対決することに。

対決しながら恒星はカイジと会ったことを晶に話します。

陽太のことで八つ当たりしたら、毒舌でいいね、信用できると言われ、あれは呉羽と気が合うと話し、本気で呉羽のことを好きだったと痛感する恒星。

丸わかりだった返す晶。

そして、ひたすらゲームをして夜は更けていき、恒星は陽太が晶から借りた32583円の入った封筒を渡そうとすると、晶はすでに眠っており、それを恒星はベッドに運んでいき晶の寝顔を見守るのでした。

うにしながら、自分のやりたいように物事を進め始めた晶。

そこに朱里が面接にやってきて、勢いで採用になってしまいました。

しかし、元カノ二人に同時に会った京谷は生きた心地がしなかったでしょう。

晶と朱里の関係もそれほど前よりは険悪なものではなくなっていましたね。

佐久間が九十九を諭したあの言葉、九十九への最後通告のように感じました。

これを言ってだめならもう無理だと、そう感じるセリフでした。

恒星は陽太がスリをしたことで再会し、身元引受人となり、ようやく初めてきちんとケンカをし、今までの思いのたけを話し、わだかまりを解くきっかけになりました。

カイジに陽太のことを引き合いにだして怒ったのも、陽太を大事に思っているからなのでしょう。

運が悪かった、それだけでは済まされない話なのですから。

最初はドタバタしていましたが、後半は恒星の思い出に関してノスタルジックな展開の差に驚きました。

生き残り頭脳ゲームで対決した恒星と晶。

このドラマ全編を通して、今までで二人とも一番の笑顔だと思いました。

そして、あの最後に晶の寝顔を見た恒星は、自分に寄り添ってくれる晶に惹かれ始めているようでした。

そして、次回は朱里が秘書に任命されるようです。

そしてツクモクリエイトジャパンの機密データの漏洩、5tapの前での呉羽への取材。

京谷対恒星。

千春が晶の家に行くと朱里がいたりで、色々なことが起こりそうです。

そして、ついに晶が九十九と対決するようです。

ツクモクリエイトジャパンと晶と恒星、それぞれの恋の行方はどうなるのでしょうか。