特撮

(仮面ライダージオウ動画14話)daily無料/b9/kiss無料12月9日視聴/見逃し配信/auビデオパス

(仮面ライダージオウ動画14話)daily無料/b9/kiss無料12月9日視聴/見逃し配信/auビデオパス

2018年12月9日に仮面ライダージオウ第14話動画が放送されます

見逃した方、見逃し配信、再放送はないものかと思います

下記で初回~フル視聴できます

(動画できます)

↓ ↓

(仮面ライダージオウ動画14話)無料

あらすじ、みどころ

平成最後の仮面ライダーということもあり非常に凝った作品になっていると思います!!過去のライダーの俳優さん(オリキャス)やストーリー展開など1話1話のストーリーの濃さがあります。

あっこの仮面ライダー知ってる!とかあっこれ見たことある!とか平成仮面ライダーをガッツリ見ていた人も見ていなかった人も楽しめると思います。

当時のライダーを見ていた人は懐かしさを感じたりすることもできると思います!後は変身シークエンスや大型ロボなどフォームチェンジなどのCGは凄く迫力があります!!

伏線などもしっかり回収できるあたりはさすが平成最後なだけあって気合の入り方が違うなと見ていて思いました。

また各仮面ライダーさまざまなモチーフがありますが今年は平成を締めくくる年という事もあり時計をモチーフにしているみたいですね。

発表当時は顔にライダーて書いてあるのに衝撃を受けました笑これはかっこいいのか?と思っていましたが実際に動いているところをみるとこれがカッコいいんです!

上手く過去のライダーと交えて進んでいくストーリー展開に毎週楽しみにしています。

先週の放送からディケイド編に入っていますが明日の放送あたりで登場しそうなので今から楽しみです!

注目点

平成ライダーを締めくくる作品として始まり、ディケイドのときにはできなかったオリジナルキャスターも浸かっての同窓会のようなところもよいですね〜仮面ライダーウィザードはビーストの仁藤攻介のみ。

仮面ライダーフォーゼに至っては如月弦太朗と朔田流星もではなかったのは残念でず。

仮面ライダーゴーストの天空寺タケルのように遅れて出てくることがあるのが判ったことは大収穫。仮面ライダー電王、仮面ライダーWは劇場版の平成ジェネレーションで。出るとしてもモモタロスと左翔太郎だけかも…風都探偵ではフィリップもインタビューなどはしているのですが…。

現状での謎、ウォズは魔王の側近であって常磐ソウゴの味方ではなさそう。

タイムジャッカーの目的も不明瞭。そして世界の破壊者ディケイド、門矢士の動向と気になるところは多い。

 

それと常磐ソウゴは他のライダーから受け継いだ力は使いこなせているように見えないもの何らかの伏線にも思える。

ビルドアーマーで出た難しい公式などは最悪と言われるまで締まらない姿。エグゼイドアーマーも完全に力押し、常磐ソウゴがジオウとしての特性がないのも原因なのかも。残る平成二期はWとドライブのみ、そろそろ平成一期もファイズ以外の登場を…

まとめ

仮面ライダージオウは平成仮面ライダー20作目のメモリアル的な作品です。

これまでのライダーが総出演するというコンセプトに10作目であったディケイドを思い出すファンも多かったと思いますが、ジオウがディケイドと異なる点は出来る限り過去作のキャストをキャスティングしている事と、過去現在未来を一つのストーリーで行き来するところです。

 

アナザーライダーという考えにより、元々ライダーになるはずだった主人公たちのもう一つの人生はパラレルワールドとも呼べるもので、そこに希望を見出すファンもいれば、放送当時と全く変わらないビジュアルに胸を熱くするファンもいます。

 

これまで放送されたシリーズの中で私が1番好きだったのがオーズとのコラボ回です。

 

オーズといえば平成ライダーの中でもおもちゃの売り上げが良く、主人公を演じた渡部秀くんも仮面ライダーオタクとして有名で名作として名高いのですが、ジオウとのコラボ回は各所にオーズへのリスペクトが詰まったものでした。

 

主人公、火野映司やひなちゃんの職業も国会議員と服飾関係と原作を思わせるものですし、何より通常フォームであるタトバコンボ以外に実質最強であるタジャドルコンボを出してくれた事がファンとしては胸が熱くなりました。

 

そしてキヨちゃんを探せというちょっとしたお楽しみもありなかなか細かくじっくり楽しめる回でした。ジオウはこの後もディケイドや鎧武など、なかなかトリッキーな設定のライダーをうまく活かしてストーリーを展開させています。

 

恐らくいつかは闇落ちするであろうジオウがどこでそこにたどり着くのか、そこから抜け出す一手は何なのか。これからも楽しみです!